5月12日(日)NO.2

ごっこ遊びが未来を創る

あっちでもこっちでもお家づくりに忙しそう。

イメージの中の想像の世界を楽しみ、素材を見立てて、工夫して作る営みです。

お互いのイメージをすり合わせ、ああでもない、こうでもないとやり取りするということは、コミュニケーションに必要な自分の思いを相手に伝えるということ、相手の思いに気づくことにつながります。

想像から創造へ

ごっこ遊びはコミュニケーションを学び、役割を演じるロールプレイングです。

幼児期にごっこ遊びを経験するということは人格の形成にとってとても重要な意味があるのです。

私たちは森の中での幼児教育を通し、子どもたちの人格の完成を目指します。

子どもたちのより良い育ちのための少人数の幼児教育が普及することを願っています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

image_print

関連記事

タイトルとURLをコピーしました