安全な水辺の活動を目指して

暑い夏がやってきました。

熱中症に気を付けながら、夏ならではの体験をさせたいと思います。

 

暑いからこそ冷たい水の気持ちよさ

 

子ども時代には五感に刺激を与えましょう。

直接体験することで「楽しかった!」という感情を育てましょう。

そのためにも水辺での活動の際にはライフジャケットを着用しましょう。

私たちのような専門の知識と経験がある自然学校やキャンプ団体等で安全のノウハウを学びましょう。

ライフジャケットは正しく着用しないと反って危険な場合があります。

体格に合ったサイズを選び、ベルトを正しく締めましょう。

大切なことは子どもから目を離さないことです。

夫婦で、家族で、仲間で声を掛け合って、常に居場所と状態を確認し合っておくことが大事です。

それと、親や大人も子どもと一緒に水遊びを楽しむことです。

一緒に遊ぶことで、水温の変化や体感温度、子どもの顔色の変化に敏感になります。

何よりも

「楽しかったね!」

という心を育てることにつながります。

私たちもこの夏、子どもたちの心を育てるために、安全な水辺の活動に努めてまいります。

合同会社 滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

関連記事

タイトルとURLをコピーしました