生き方教室

子どもたちを自然の中で育てる森のようちえんをやっていますが、一生物の力を育てていると本気で思っています。

困難にもあきらめずがんばろうと挑戦する気持ち

幸せは誰かが与えてくれるのではなく、自分から行動しないといけないこと

自然の不思議さや周りの環境の素晴らしさに気づき、感謝する気持ち

身体を動かすことの心地よさ

自分は愛されているという実感

面倒なことや大変なこともあるけれど、友だちと関わることの価値

知らないことや未知なる物への好奇心と知ろうとする態度、そして実際に行動する習慣

そういったことを習慣化するまで身に付けて欲しいと願っています。

そんな子は学校に行ってもやっていけると思います。

難しい勉強も自分から取り組もうとすると思います。

それはやりなさいと言われたり、義務感では決してなく、もっと知りたいという知的探求心と成長欲求があるから。

友だち関係や先生のことで悩むことがあるかもしれないけれど、それでも人に対する絶対的な信頼感さえあればあきらめず関わり、対話と対立を恐れず、勇気を持って困難を克服していくに違いない。

人生の生き方とか幸せになる方法、人と関わる技術なんて生きていくのに最も必要なことは学校では教えてくれないんですね。

教えてもらったことは忘れる。

そのすべてを忘れた後に残ったものが教育の成果と言いますが、滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは教えることなんてほとんどないのです。

人は自ら体験を通して学ぶ以外にないからです。

人のせいにしたり言い訳しないでたくましく生きていく力強さが欲しい。

思っているだけではなく実際に行動する実行力も持って欲しい。

どうしたら出来るようになるか論理的な思考も身に付けて欲しい。

それらを練習する絶好の機会が子どもにとっての遊びであると心から信じています。

とことん遊ぶことで、自ら、楽しく、時に歯を食いしばってでもがんばって、獲得していくのではないでしょうか。

大人になると子どもの頃、夢中になって遊んだことを忘れて、打算的で損得勘定で物事を考えるようになると、行動することに躊躇したり、諦めたりするようになるかもしれません。

それでも人は皆、成長欲求を持っています。

子どもたちには自然の中で存分に遊ぶ体験を保障し、大人には子どもと関わる技術とマインドを伝えます。

森のようちえんとソトアソビスクールで出来ることがあります。

子どもを育てるだけでは不十分。

子どもと関わる大人も育たないと近い将来どころかすでに保育者が足りない現状もあります。

大人を育てるというとおこがましいけど、子どもと関わる素晴らしさ、野外で関わる技術、自分らしく自己を十分に発揮してその上で社会的に認められる仕組みはお伝え出来るんじゃないかと思います。

多くの現場の保育者にこの価値を伝えたい。

目的は子どもと関わる価値を広め、子どもも大人も笑顔で幸せの人生を歩むこと。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


理念を基にした理念保育の実践

なぜ私たちは子どもを自然にいざない保育するのでしょうか。

形だけ真似てもだめです。

「理念なき行動は凶器」と本田宗一郎は言ったそうですが、

「理念なき保育」も然り。

非常に危ういということです。

保育の目的は人格の完成、人間形成にあります。

平和で民主的な健康な人に育てるのです。

リーダーや経営者、園長にその理念のあるやなしや。

「お前の言っていることは理想論だ。」

何度言われたことでしょう。

しかし、理想なくして実践はあり得るのでしょうか。

私たちは理想に向かって突き進むエネルギーがあるからがんばれるのではないでしょうか。

そこから理想を取り除いてしまったら、何のために私たちは保育するのでしょうか。

理想とは理念であり、理念とは目的です。

保育する目的です。

現実の制約の中でその理想を実現するのが困難なら、私はその仕組みを創ります。

新しい仕組みです。

小規模の野外保育の仕組みです。

その目的は、より良い保育の実現と働く保育者のやりがいを獲得するためです。

自然の中が子どもの環境に良いのは誰もが認めます。

遊びが子どもに必要なことは子どもに関わる人なら誰でも知っています。

そして少人数の保育を現場の保育者なら誰もが求めています。

子どもの権利を謳う園は多くあります、保育者にも権利があります。

子どもファーストとか保護者ファースト、保育者ファーストといった視点ではなく、人間尊重の経営理念です。

一人ひとりが認め合い、尊重される人間尊重の保育哲学を基盤にした園運営を行っていくのが、滝山ネイチャークラブの森のようちえんです。

そんな保育哲学と保育実践を学ぶ場が大人のための体験講座「ソトアソビスクール」です。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭


森のようちえんで起業

最初は年に4回のボランティアから始めた森のようちえん。

自分に出来ることから少しでもいい体験を広めたい。

そんな思いから少しずつ回数を増やし、月に1回から2回へと増やし、子どもを預かり、森のようちえんとして仕組みを作ってきました。

お金の流れも明朗にしようと確定申告も行ってきました。

自分にとって森のようちえんとは、保育の方法であり、働き方であり、子どもと保護者、そして未来に対する貢献であると考えます。

その中でも働き方としては、「森のようちえんで起業」という考えです。

一般的に説明するのはとても大変で、最初の頃は

「子どもさんを預かって自然体験をする幼児教育なんです。」

と言っても、

「そんなのにお金払う親、いないよ」

とけんもほろろでした。

実際、創業系の相談でも、「良いことだと思うけど、これで食っていくのは大変だよ。本当に売れんの?」とほとんど相手にもされませんでした。

でも、「良いものなら売れる」「売れないとしたら、良いものじゃないからだ」という考えで、とにかく商品としてのクオリティを上げていくことに努力しました。

良いのは分かるけど、本当に良いものなのか。

それを説明する根拠は。

安全だと言い切れるのか。

保育者としてのプライドもあるから、経験を基に、絶対に間違っていない、その確信を持って、論理的検証を進めてきました。

そうやって自分たちの価値を高め、少しずつ理解し、認められてきたように思います。

幸いにもいいお客さんたちに巡り合えました。

滝山ネイチャークラブの理念を理解し、堀岡の保育に賛同していただける方が少しずつ増えてきたのです。

それはちょっと驚く程でした。

説明会で話も聞いていないのに、いきなり申し込んで預けていただける保護者が1人や2人ではなかったのです。

「ブログを見て賛同して」

「考えに共感しました。」

でもね、見ず知らずの人間に預けますか。

大事なお子様ですよ。

それを任せて預けて下さったのですね。

これは身が引き締まる思いと、「間違っていなかった」という安堵感でもありました。

今や社会的地位も高い多くの保護者の方々に支持していただけるのは本当にありがたい限りです。

子どもを教育する幼児教育、保育という仕事は本当にやりがいのある仕事だと思います。

しかしながら、現状では多くの仲間が疲弊して、迷っています。

自分も独立まで10年かかったように、勇気が出せないんです。

「本当に食べていけるだろうか」

今や会社や組織、国や行政に縋り付いていても将来に渡って安定して生活していけるとは誰も保障できないのです。

ましてや長時間労働やストレスで病休の職員も多いと聞きます。

楽をしたいんじゃないんです。

やりがいのある仕事して、存分に働きたいのです。

私は、「森のようちえん」という働き方で起業する人生を選択しました。

それは、子どもたちのため、保護者のためでもありますが、私たち保育者のためでもあるのです。

保育者が笑顔で子どもと関わり、やりがいを持って働く、そんな保育を広めたいのです。

それには力がないといけません。

大いなる使命に生きる強くたくましいマインドもないといけません。

そうした経験を一般化し、広く伝えていく技術も必要です。

目的は一人ひとりの幸せと平和な社会の実現です。

そんな自分たちが社会的に成功しないわけがないんです。

「良いことやってんだけど貧乏」ではだめです。

自分たちの後輩や子どもたちが「自分もああなりたい」と思えるような人生のモデルとして輝いていくためにも、僕たちは成功し続けます。

そんな「森のようちえんで起業」に共に歩む仲間を求めます。

「森のようちえん」で「なりたい自分」に、なろう。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭