子どもを見るということ、保育という営みとは?

子どもと目線を合わせる。

おそらく保育の教科書の一番最初に書いてあるのではないでしょうか。

少なくとも、「子どもと目線を合わせる必要はなく、常に立って監視しましょう。」とは書いてないはずです。

滝山ネイチャークラブは子どもと目線を合わせます。

しゃがんで子どもと目線を合わせます。

頭で「分かっている」ことを実践を繰り返し、習慣化するまで身に付けます。

 

でも最近はそうではない保育観が増えてきたように思います。

「子どもの遊びには保育者が介入しない方がいい。」

「子どもと遊んだりするのではなく、保育者は子どもの遊びを見守りましょう。」

果たしてそうでしょうか。

大人が下手に関わり、子どもの遊びが壊れてしまうということがあります。

それでも私は関わらない方がいいとは思いません。

その関わり方が問われるのだと思います。

 

子どもの様子を観察し、遊びを見守ることが大事なことがあります。

それでは、手を後ろ手に組み、距離を取り過ぎて見守っていて、子どもの安全性が守れるでしょうか。

漫然と見ているだけというのは、見守るとは言いません。

傍観、もしくは監視と言います。

保育と言うのは子どもの成長に積極的に働きかけるアグレッシブな営みです。

常に変動する子どもたちの遊び、何をするか予測不可能な子どもの動きに対応するこちらの構え。

実は一時も気が抜けない高度に緊張を強いられる仕事なのです。

にもかかわらず、後ろ手に手を組んで、身構えずにいたら、咄嗟の動きは出来ません。

様々な動きを要求される仕事であって、咄嗟の判断力、瞬発力が要求されます。

それを意識して構えているから対応出来るのです。

漫然と子どもをみていても対応出来ません。

 

「そんなにずっと子どもを見ていることなんて出来ません。」

それが出来るようになるんです。

「目を離さないなんて無理じゃないですか。」

視界から外すなということではないのです。

子どもを見るということを監視することだと思っているとそう勘違いするかもしれませんね。

「1人で全員の子を見るなんて無理です。」

そりゃあ無理です。

だからチームで保育するのです。

 

保育という仕事の素晴らしさを知っていれば愚痴や文句、不平不満なんか出てこないというもの。

チームで成し遂げる力の大きさを知っていれば無理なんかせず楽しんで保育できるのです。

その喜びと価値を広げたい。

滝山ネイチャークラブの森のようちえん、ソトアソビスクールでそれを体験してみませんか。

いつでもお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

ソトアソビスクール

堀岡正昭

 

 

 


KYT(危険予知トレーニング)

野外での安全講習でもよくKYT(危険予知トレーニング)を行い、イラストを見て、危険を探すというのがあります。

以前からその効果について疑問もありましたが、森のようちえんの安全講習で、新潟の仲間が

「現場ではこんな小さな危険を一々上げていたらやっていられない」

というような趣旨の発言がありました。

現場に潜む危険を感じ、その危険を職員間で共有する必要性は感じながらも、KYTの効果に疑問を感じていた私も共感する部分でもありました。

森のようちえんをやっていて、現場で感じるのは、危険の数を上げることよりも、何を優先してどこに対応していくかということとその判断・選択の速さの方が重要ではないかと感じます。

野外なんて言ってみたら、「全部、危険」

それを上げたところであまり意味がないようにも思います。

その中で最も危ない所はどこか。

職員を配置しなければならない所はどこか。

事前の調査で危険な個所を調べ、職員で共有する価値は認めながらも、次は物事の優先順位を判断し、素早く決断する能力が必要なのではないかと感じます。

泣いている子と転んだ子、どちらを先に対応するのか。

ほぼ瞬間的に決断する状況判断が求めらます。

「人手がないので出来ません。」と言う職員ではなく、どうしたらそれが出来るか考え、人を配置し、的確に指示し、対応出来る職員が求められています。

「あれも危ないよね、これも危ないよね。」と言うだけでは安全にはつながりません。

「もっとも安全なことは、子どもを預からないことである。」という冗談のようなことにならないためにも、私たちは、あえて困難に挑戦し、教育的成果を最大限に高めるために、危険を見極め、物事の優先順位を瞬間的に判断する力をつけていきたいと思います。


生き方教室

子どもたちを自然の中で育てる森のようちえんをやっていますが、一生物の力を育てていると本気で思っています。

困難にもあきらめずがんばろうと挑戦する気持ち

幸せは誰かが与えてくれるのではなく、自分から行動しないといけないこと

自然の不思議さや周りの環境の素晴らしさに気づき、感謝する気持ち

身体を動かすことの心地よさ

自分は愛されているという実感

面倒なことや大変なこともあるけれど、友だちと関わることの価値

知らないことや未知なる物への好奇心と知ろうとする態度、そして実際に行動する習慣

そういったことを習慣化するまで身に付けて欲しいと願っています。

そんな子は学校に行ってもやっていけると思います。

難しい勉強も自分から取り組もうとすると思います。

それはやりなさいと言われたり、義務感では決してなく、もっと知りたいという知的探求心と成長欲求があるから。

友だち関係や先生のことで悩むことがあるかもしれないけれど、それでも人に対する絶対的な信頼感さえあればあきらめず関わり、対話と対立を恐れず、勇気を持って困難を克服していくに違いない。

人生の生き方とか幸せになる方法、人と関わる技術なんて生きていくのに最も必要なことは学校では教えてくれないんですね。

教えてもらったことは忘れる。

そのすべてを忘れた後に残ったものが教育の成果と言いますが、滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは教えることなんてほとんどないのです。

人は自ら体験を通して学ぶ以外にないからです。

人のせいにしたり言い訳しないでたくましく生きていく力強さが欲しい。

思っているだけではなく実際に行動する実行力も持って欲しい。

どうしたら出来るようになるか論理的な思考も身に付けて欲しい。

それらを練習する絶好の機会が子どもにとっての遊びであると心から信じています。

とことん遊ぶことで、自ら、楽しく、時に歯を食いしばってでもがんばって、獲得していくのではないでしょうか。

大人になると子どもの頃、夢中になって遊んだことを忘れて、打算的で損得勘定で物事を考えるようになると、行動することに躊躇したり、諦めたりするようになるかもしれません。

それでも人は皆、成長欲求を持っています。

子どもたちには自然の中で存分に遊ぶ体験を保障し、大人には子どもと関わる技術とマインドを伝えます。

森のようちえんとソトアソビスクールで出来ることがあります。

子どもを育てるだけでは不十分。

子どもと関わる大人も育たないと近い将来どころかすでに保育者が足りない現状もあります。

大人を育てるというとおこがましいけど、子どもと関わる素晴らしさ、野外で関わる技術、自分らしく自己を十分に発揮してその上で社会的に認められる仕組みはお伝え出来るんじゃないかと思います。

多くの現場の保育者にこの価値を伝えたい。

目的は子どもと関わる価値を広め、子どもも大人も笑顔で幸せの人生を歩むこと。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭