森のようちえんで起業

最初は年に4回のボランティアから始めた森のようちえん。

自分に出来ることから少しでもいい体験を広めたい。

そんな思いから少しずつ回数を増やし、月に1回から2回へと増やし、子どもを預かり、森のようちえんとして仕組みを作ってきました。

お金の流れも明朗にしようと確定申告も行ってきました。

自分にとって森のようちえんとは、保育の方法であり、働き方であり、子どもと保護者、そして未来に対する貢献であると考えます。

その中でも働き方としては、「森のようちえんで起業」という考えです。

一般的に説明するのはとても大変で、最初の頃は

「子どもさんを預かって自然体験をする幼児教育なんです。」

と言っても、

「そんなのにお金払う親、いないよ」

とけんもほろろでした。

実際、創業系の相談でも、「良いことだと思うけど、これで食っていくのは大変だよ。本当に売れんの?」とほとんど相手にもされませんでした。

でも、「良いものなら売れる」「売れないとしたら、良いものじゃないからだ」という考えで、とにかく商品としてのクオリティを上げていくことに努力しました。

良いのは分かるけど、本当に良いものなのか。

それを説明する根拠は。

安全だと言い切れるのか。

保育者としてのプライドもあるから、経験を基に、絶対に間違っていない、その確信を持って、論理的検証を進めてきました。

そうやって自分たちの価値を高め、少しずつ理解し、認められてきたように思います。

幸いにもいいお客さんたちに巡り合えました。

滝山ネイチャークラブの理念を理解し、堀岡の保育に賛同していただける方が少しずつ増えてきたのです。

それはちょっと驚く程でした。

説明会で話も聞いていないのに、いきなり申し込んで預けていただける保護者が1人や2人ではなかったのです。

「ブログを見て賛同して」

「考えに共感しました。」

でもね、見ず知らずの人間に預けますか。

大事なお子様ですよ。

それを任せて預けて下さったのですね。

これは身が引き締まる思いと、「間違っていなかった」という安堵感でもありました。

今や社会的地位も高い多くの保護者の方々に支持していただけるのは本当にありがたい限りです。

子どもを教育する幼児教育、保育という仕事は本当にやりがいのある仕事だと思います。

しかしながら、現状では多くの仲間が疲弊して、迷っています。

自分も独立まで10年かかったように、勇気が出せないんです。

「本当に食べていけるだろうか」

今や会社や組織、国や行政に縋り付いていても将来に渡って安定して生活していけるとは誰も保障できないのです。

ましてや長時間労働やストレスで病休の職員も多いと聞きます。

楽をしたいんじゃないんです。

やりがいのある仕事して、存分に働きたいのです。

私は、「森のようちえん」という働き方で起業する人生を選択しました。

それは、子どもたちのため、保護者のためでもありますが、私たち保育者のためでもあるのです。

保育者が笑顔で子どもと関わり、やりがいを持って働く、そんな保育を広めたいのです。

それには力がないといけません。

大いなる使命に生きる強くたくましいマインドもないといけません。

そうした経験を一般化し、広く伝えていく技術も必要です。

目的は一人ひとりの幸せと平和な社会の実現です。

そんな自分たちが社会的に成功しないわけがないんです。

「良いことやってんだけど貧乏」ではだめです。

自分たちの後輩や子どもたちが「自分もああなりたい」と思えるような人生のモデルとして輝いていくためにも、僕たちは成功し続けます。

そんな「森のようちえんで起業」に共に歩む仲間を求めます。

「森のようちえん」で「なりたい自分」に、なろう。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭


子どもたちと作り上げていく森のようちえん

 

森のようちえんで子どもたちとお昼の場所の相談をしました。

山の下の広場で、遊びが盛り上がってお昼の場所をどうしようかとみんなで集まって相談。

山頂で食べたいと言うHくんと、ここ(下の広場)で食べたいというみんな。

「多数決で決めよう」という小学生のSくんの意見ももっともだが、少数派のHくんの意見も大事にしたい。

「ジャンケンで決めよう」というYくん。

どうして山頂で食べたいの?とHくんに聞くと、

「いつも森のようちえんでは山頂で食べているから」

「山頂でもっと遊びたい」と。

そこでみんなにどうしてここで食べたいのと聞くと、「疲れるから」というような声に、Hくんが

「森のようちえんに来て疲れるからとか言っていると成長しない」と!

これには驚いたけれど、「そうだね」と相槌を打ち、それでもどうしようかと一緒になって悩む。

私の中には折衷案もないわけではなかったが、みんなで相談することに意義があると思い、お弁当の時間も気になってはいたが、話し合いを続けさせることにした。

Hくん「下でいっぱい遊ぶから山頂に行く時間がなくなる。」

私「じゃあ何かに書いておこうか。」

Hくん「家に帰ってノートに書いておけばいい。」

Rさん「僕の家にはノートがない。」

Hくん「カレンダーの裏とかに書いておけばいい。」

Rさん「カレンダーとかない。」

Hくん「カレンダーに書いておけば忘れない。」

私「そうか、カレンダーに次に森のようちえんに来るところに書いておけばいいね。」

Hくん「今日はいいけど、次に来るときは山頂で食べようね。」

 

紆余曲折があったけど、とにかくまあ一件落着、めでたくお昼にありつけたのでした。

書いてみるとあっけないけど、この間15分以上。いや20分以上あったかもしれません。

年少さんも我が事と感じるのか、飽きて行ってしまったり、お腹が空いたとも言わず、話し合いに参加していました。

 

大人が問題を解決することが正解とは限らない。

正解にたどり着かないかもしれないけれど、子どもたちが相談し、自分の意見を言い、相手の意見を聞いてお互いの意見の違いを知る。そこでどうしたらいいか考える。そんな作業が大事なのではないかと思うのです。

 

大事なことは、自分の「やりたい」「こうしたい」が自分で分かって、みんなの前で意見を言えること。

相手の意見も聞きながら、相手にも思いがあることに気付くこと。

その思いの違いを認めながら、一緒になって、どうしたらいいか考えること。

時には問題となって、話し合いが決裂することもあるかもしれません。

それでも話し合いによる問題解決をあきらめないことです。

そのために、子どもたち一人ひとりの声を拾い上げ、仲間に伝え、一緒になって問題を解決しようとする大人の態度は、子どもたちに、話し合いの自由と意見が違ってもいいんだという安心になるのではないかと思うのです。

 

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、大人が一方的に押し付ける教育ではなく、子どもたちと一緒に作り上げていく教育です。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭