ソトアソビ

外で体を動かす ソトアソビ

  たっぷり遊ぶ ソトアソビ

   自由に遊ぶ ソトアソビ

    滝山ネイチャークラブ

Pocket
LINEで送る

質の高い保育を目指します。

わたしたちは

子どもの心に寄り添う保育

子どもの育つ力を信じて待つ保育

積極的に環境に働きかける保育

を目指します。

そのためには

1.少人数にこだわります。

2.時間にゆとりを持たせます。

3.子どもたち自身で創造していけるような環境、自然の中で保育します。

 

 施設の中で、大規模な集団の中で個を大事にした保育と言えるのでしょうか。私たち大人にとっても閉ざされた狭い空間に大勢詰め込まれた空間では落ち着いて仕事をすることもましてや創造的な営みができるはずもありません。個を大事にし、一人ひとりの子どもの心に寄り添う保育を行うためにも、少人数にこだわります。

 「早くしなさい」「何やってんの!」では私たちが育てたいと願っている子どもの主体性は期待できるはずもありません。私たちは子ども自身に育つ力があると信じ、彼らの主体的な行動、自発性、選択や決断を待ちます。そのためには活動を詰め込みすぎず、計画ありきではなく、目の前の子どもをよく見て、働きかけていきたいと考えています。そのためにも時間にゆとりを持たせ、流動的にプログラムを構成していけるような保育者の力を養うよう訓練を積んでいます。

 遊び方が決められている既成のおもちゃではなく、子どもたち自ら環境に働きかけて、子どもたち自身の発想とエネルギーを持って遊びを創造していける空間、それこそが自然の中で行う教育ではないかと考えます。子どもの声に耳を傾け、子どもの気持ちに共感する。子どもの表現を受け止める、受容・傾聴・共感の保育を心がけます。

 それらはすべて、安全であってこそ始めて楽しい活動となりうるものと考えます。安全・衛生についてはきちんと、丁寧に指導し、命を失うような危険について、相手を傷つける行為については時に厳しく叱ります。また、公共のマナーについては家庭のしつけと同様、教え、伝えることで身に付くものであると考え、対象や発達に応じて分かりやすく伝えることを心がけます。

Pocket
LINEで送る

小学生を対象にした「滝山自然体験塾」

小学生を対象に全6回行います、キャンプ技術が学べる体験講座。

5月12日、第1回「テント設営と野外調理」。テント設営のスキルを実体験を通して学びます。

野外調理は火熾しやかまど作りのノウハウを学び、自分たちで調理します。

以降のプログラムは、

6月9日、第2回「ライフジャケットを着た水辺の活動」

8月11日、第3回「チューブタイヤを使って川下り、水辺の安全講習」

9月15、16日、第4回「宿泊キャンプ」

10月27日、第5回「フィッシング」

2月9日、第6回「登山」を実施。

(日程は変更になる場合があります。)


1回の参加も可能ですが、登録料(1,000円)をお願いします。

(滝山森のようちえんの参加者も参加できます。その場合、登録料は重複して必要ありません。)


全回参加した子は間違いなく、お父さんお母さんよりも「アウトドアキッズ」を名乗れます。

「お父さん、お母さん、今度のファミリーキャンプは任せてよ。」


興味ある回に参加しても楽しく、アウトドアについては頼もしい子どもに育ちます。

これからの学力は自然体験が欠かせません。気付きと発見、自ら考え、行動する、そんな体験を積み重ねた子は学力も期待できます。

ぜひ、小学生にも自然体験を!


 

お申し込みは、メールかFAXで

 

takiyama_nature@nifty.com

 

042-652-9265

 

参加される子どもさんのお名前(ふりがな)と学年、性別、

 

ご住所、電話番号、メールかFAX番号を記入の上、ご連絡下さい。

 

 

Pocket
LINEで送る