当日の安全5つのポイント

5つのポイント

1.意識を向ける

子どもたちに背を向けない。子どもから目を離さない。

2.ルックアップ、ルックアラウンド

顔を上げて全体の様子、状況を把握することに努める。

3.フットワークを軽く

様子によっては子どもたちの近くに行き、子どもの様子、遊びの状態、一人一人の心理状態や健康状態など、内面の変化に気づけるようにすること。

4.個別対応と必要人員

個別対応で持ち場を離れる際には、他の職員に声をかけることと、その時間帯は配置数が1名不足している状態であることを認識すること。

5.状況に合わせて保育体制を変える

配置数が不足している状態であることを認識した職員は、少ない人数で子ども全体を見るポジション、役割、保育内容に切り替えること。

タイトルとURLをコピーしました