現場実習

プロの野球選手も日々練習します。プロのピアノ奏者も先生について練習します。

では保育者はどうやって練習したらいいのでしょう。

保育は実践を通して練習するしかないのではないでしょうか。

教科書で学んでも、実際に子どもたちを目の前にするとその通りには行きません。

予想外、想定外の行動をする子どもたちを相手にするからです。

自然も然り。

野外において、日々移り変わる自然気象を目の前に、実際に雨が降ったらどうしよう。

雷が鳴ったらどうしよう。

それを実践を通して学ぶのです。

保育は体験を通して学ぶ、体験型学習がもっとも効果が高いのです。

八王子高尾の森で自由に遊ぶ森のようちえんの実際を見てみましょう。

タイトルとURLをコピーしました