親子じかんブログ(11月30日)

週末親子でソトアソビ

火は危ない。

だから触れさせないのではなく、きちんと危ないことを覚えさせる方が大事だと思います。

放っておいてはいけないけれど、正しく指導し、適切に見守ることで子どもたちはちゃんと学習していきます。

見守り方、指導方法は個別化が原則です。

大きくなった時、正しく扱い、火をコントロールする技術を身に付けて欲しいと思います。

みんなで焚き木を集めて、自分たちで火をつけました。

熱い火、燃える炎、風向きで煙たかった感覚とセットで記憶して欲しいと思います。

自分たちで洗って、アルミホイルにくるんだ焼きリンゴ、おいしく焼けました。

週末は親子で自然体験。

滝山ネイチャークラブの親子じかんにお越しください。

親子で自然を楽しむ環境と体験をご用意いたします。

ここに来ると子育てがもっと楽しくなる。

ここに来ると自然がもっと好きになる。

かけがえのない親子じかん、応援します。

クリスマスデイキャンプ(12月22日)

今年最後の親子じかんです。

ぜひお越しください。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

堀岡

関連記事