森のようちえん(8/1)

こんにちは!

ゴーヤが美味しい季節になりましたね!

最近のお弁当の中身はゴーヤチャンプルーのじゅりちゃんです。(他のメニューが思いつかなくてネタ切れ中です…苦笑)

 

ちなみに、映画「シン・ゴジラ」のゴジラの皮膚はゴーヤの表面を型取って作られたんですよね。

ゴジラを思い浮かべながらゴーヤを切っています。(フッフッフ)

それでは本編にいきます!

 

「大切なモノ」は何がなんでも置いていったり、離したりしない。

石がゴロゴロして足場が悪い状況なのにもかかわらず、水いっぱいに入ったバケツを一生懸命、運んできてくれました。

(この姿は心が震えましたね!うんうん)

すぐ駆けつけてあげたい気持ちと、

この姿をしばらく見ていたい気持ちが

私の中で入り混じっていました。

本人はSOS出していたので、あわあわしながら行きました。(笑)

 

こちらでは、川で手を洗う時も、丸太の船に乗る時も、網を肌身離さず持っていました☆

遊びづらくない?置いといてもいいんだよ?と促しても「大丈夫!」。

そうだね、大切なモノはどんな時も一緒だっ☆

 

「美しい」の価値観って、それぞれあると思うのですが。

“一人の子どもが石を並べている姿”

が、どうしてこんなにも惹かれるんですかね??

とても「絵」になりますね〜♪

心を豊かにしてくれる場面や出来事がたくさんあります。本当に感謝です。

 

今回の森のようちえんでも、たくさんの生き物に出会いましたが、特に珍しい生き物にも出会いました。(笑)

ゴジラならぬ「チビかいじゅう」が現れました!(ギャオォォォ!!)

愉快な声が森中に響き渡りました♪

 

帰りのバス待ちでは、意欲的に調べものをする姿もありました。

捕まえたバッタの種類を調べていました。最後の最後まで元気です!

また遊ぼうね!

ありがとうございました!

プロフィール

清野珠里
清野珠里
生産牧場に4年半、勤務。酪農と移動動物園を通して、子供達に動物の温もりや接し方、そして動物達への感謝を伝えてきました。
知育、体育、徳育、食育、様々な面から子供達の事をもっと知りたい、成長のサポートをしたいという気持ちから、現在、保育園の調理スタッフをしつつ、滝山ネイチャークラブの保育補助のスタッフとして活動に参加させて頂いております。楽しい事、嬉しい事、悲しい事、どんな出来事も本当に大切な思い出であり、貴重な学びだと日々感じています。是非、ご一緒できる日を楽しみにしております♪