身近に図鑑を

 

たくさん種類が載っている図鑑はあるのですが、身近な生き物に絞ってあるのって案外少ない。

意外と大人でも、ダンゴムシの赤ちゃんやテントウムシの幼虫って知らなかったりする。

どうか出版業界の方、子どもたちの生活に身近な子どもにとって魅力ある生き物の生態をとことん詳しく書いた図鑑の出版を心からお願いします。

カバーがあってコンパクトなら子どもでも扱える。

内容も見たことがない虫よりも、普段よく見る虫のことをせめて卵から幼虫、さなぎや成虫について詳しく書いてあると子どもたちにも薦められます。

遠い見知らぬ世界の話よりも身近でもっとも魅力ある生き物を徹底的に観察する。

そんな子どもたちの欲求を満たしてくれる本物のハンディ図鑑の出版を心からお待ちしています。

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

 

関連記事