親子じかんブログ(12月22日)

寒くてもソトアソビ

みんなで寒さを凌ぐ大きなテントを建てよう。

小さくてもペグ打ち!

ポールを持って大好きな電車ごっこ。

僕も一緒にやったよ。

寒いからこそソトアソビ

子どもたちはマッチ体験。

お父さん、お母さんたちはファイヤースチールで火熾し。

寒いからこそありがたい、火の温かさ。

寒いという感覚とあったかい体験が冬の自然体験

これを親子に届けていきたいと思います。

自分たちで洗って、アルミホイルを巻いて作った焼きリンゴ

感覚とセットで記憶した体験はずっと忘れない。

教わったことは全部忘れても、あったかい感情は大人になっても忘れません。

お母さんたちはイーグルアイ

子どもたちは松ぼっくりのクリスマスツリーを作りました。

いつもありがとうございます。

この子たちが中学・高校と大きくなった時に、親子を支える大きな力になります。

我が子を背負った重さは喜びになります。

大変さを乗り越えた先に必ず親子の幸せがそこにあります。

そんな親子の幸せに少しでも貢献できればと、さらに良質な体験をお届けしていきたいと思います。

またお会いできることを楽しみにしています。

寒い日が続きますが、良い年をお迎えください。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事