親子じかんブログ(6月1日)

幸せはいつもそこにある

子どもと歩く道中は虫を探したり、トカゲを見つけたり、寄り道でなかなか進みません。

幸せはいつも近くにあって、それを感じることが出来るかどうか。

興味関心は人それぞれだから、それぞれの子が道中を楽しめるように考えたら、どうしても小規模の活動になってしまう。

一人ひとりの子の満足を大事にしたいと思い、滝山ネイチャークラブは少人数にこだわります。

子どもたちの寄り道に寄り添いたいと思います。

 

多面的な物の見方

しゃがんで見たり、ひっくり返したり、多面的に見ることで見えてくることがあります。

子どもたちには、そんな多面的な物の見方を身につけて欲しいと思います。

朽ち木の中にクワガタの幼虫を見つけました。

まだ寝ている幼虫を起こしてかわいそうなことをしましたが、またお布団をかぶせておいてあげました。

 

自然を楽しむ、親子で楽しむ

遊び場所、フィールドの選定はとても重要です。

地域の自然を知り尽くし、子どもの発達を知り、親子活動を長く手掛けた経験があるから、安全で小さな子から大人まで楽しめる親子じかんです。

親子の自然体験を参加者のみなさんが楽しめるプログラムにしてあるのが親子じかんです。

これからも人と自然、親子と自然をつなげる親子じかんをお届けしてまいります。

来月は親子で楽しめる川遊び入門です。

「川で遊ばせたいけど、川は危険だから」

危険を知り、対策を学び、楽しみ方を体験することで川は危険な場所から、楽しい場所に変わります。

ぜひお越しください。

詳細は後日ご案内いたしますので、楽しみにして下さい。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

関連記事