親子じかんブログ(7月13日)

安全な親子の川遊びに貢献します

水辺で遊ぶ自信となるよう、安全な親子の川遊びをお届けします。

体験だけじゃない。

この体験を通して、親子の幸せを応援したい。

大げさなことは出来ないけれど、安全な川遊びならお届けできる。

そう思って、精一杯お届けいたします。

この体験が力となる

大好きな人と経験した感覚は一生忘れない。

だから、「誰といっしょに経験するか」ということがとても大事です。

それには、肯定的な感情とセットで記憶することが重要です。

何を覚えたか、知識の量が重要なのではなく、何を感じたか。

だから体験重視。

親も楽しむ

大事なことは親も楽しむということ。

ここに来るとみんな子どもに帰る。

その姿を子どもに見せておくことが大事なように感じます。

親に対する信頼感というものは、実はいっしょに遊んでもらったという実感から得られるのではないでしょうか。

大変なことも多い子育て。

でもそのすべてが力になる。

子どもが大きくなった時に振り返って良かったなって思える。

その親としての喜びを伝えたくて、週末の親子じかんをお届けします。

『僕の目の前にはパパの 大きな背中が見えた』

子どもを抱っこ、子どもとお出かけ、子どもと過ごす週末親子じかん。

かけがえのないこの親子じかんを滝山ネイチャークラブは心から応援します。

子育ては素晴らしい。

子育ては価値がある。

この幸せを伝えたい。

安全な水辺の活動を通してお届けします。

8月も親子で楽しむ川遊び、後若干名募集しています。

お早めにお申し込みください。

8月親子で川遊び!

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭


親子じかんブログ(6月30日)

親としての喜び

子どもがいるからこそ体験出来ることの喜びを届けたい。

子どもは無条件で愛おしい。

子育ては誰が何と言おうと素晴らしい!

親としての喜びを感じられる社会であって欲しい。

実は、そう思って活動している親子じかんです。

親子で楽しむ自然体験を通してかけがえのない親子じかんを楽しんで欲しいと思います。

今しか味わえない子どもとの親子じかん

こうして週末過ごせるのも何年続くだろう。

この子たちの笑顔の為ならがんばれる。

この子たちが大きくなった時にこの体験がすべて活きてくる。

それまでもう少し、子どもたちの少し前を歩いていきたいと思います。

子どもたちの育ちを応援することでこれからも子育てを応援してまいります。

 

子どもたちが「楽しかった!」という肯定的な感情と体験をセット記憶することで一生の思い出になります。

この子たちが大きくなった時に、この体験がきっと活きてきます。

これからも保護者の皆様の子育てを応援し、親としての喜びに貢献してまいります。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭


親子じかんブログ(6月1日)

幸せはいつもそこにある

子どもと歩く道中は虫を探したり、トカゲを見つけたり、寄り道でなかなか進みません。

幸せはいつも近くにあって、それを感じることが出来るかどうか。

興味関心は人それぞれだから、それぞれの子が道中を楽しめるように考えたら、どうしても小規模の活動になってしまう。

一人ひとりの子の満足を大事にしたいと思い、滝山ネイチャークラブは少人数にこだわります。

子どもたちの寄り道に寄り添いたいと思います。

 

多面的な物の見方

しゃがんで見たり、ひっくり返したり、多面的に見ることで見えてくることがあります。

子どもたちには、そんな多面的な物の見方を身につけて欲しいと思います。

朽ち木の中にクワガタの幼虫を見つけました。

まだ寝ている幼虫を起こしてかわいそうなことをしましたが、またお布団をかぶせておいてあげました。

 

自然を楽しむ、親子で楽しむ

遊び場所、フィールドの選定はとても重要です。

地域の自然を知り尽くし、子どもの発達を知り、親子活動を長く手掛けた経験があるから、安全で小さな子から大人まで楽しめる親子じかんです。

親子の自然体験を参加者のみなさんが楽しめるプログラムにしてあるのが親子じかんです。

これからも人と自然、親子と自然をつなげる親子じかんをお届けしてまいります。

来月は親子で楽しめる川遊び入門です。

「川で遊ばせたいけど、川は危険だから」

危険を知り、対策を学び、楽しみ方を体験することで川は危険な場所から、楽しい場所に変わります。

ぜひお越しください。

詳細は後日ご案内いたしますので、楽しみにして下さい。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭