滝山ネイチャークラブについて

滝山ネイチャークラブ概要
私たちは、週末、自然の中で子どもたちを育てる活動を行っている民間の教育団体です。
平成21年に立ち上げ、八王子市の子ども体験塾を初め、自然の中で行う親子活動を手掛け、実績を積み上げてきました。
平成25年には森のようちえん活動を開始し、平成27年には指導者養成事業として「ソトアソビセミナー」を開催し、一貫して人を育てる事業に力を入れてきました。
これからも、子どもを育て、親子をつなぎ、人と人、人と自然をつなげる活動を推進してまいります。

人と自然をつなげ、人を人に育てます。

 

 

団体理念

 幸せと成長、そして貢献の人生を

滝山ネイチャークラブに関わるすべての人々が、幸せと成長の人生であることを目指し、私たちの活動を未来につなげ、平和で民主的な社会の創造に貢献することを理念とします。
子どもたちにとって幸せとは何でしょう。楽しく、自由に遊べる環境を用意します。
保護者のみなさまにとって幸せとは何でしょう。安心して子どもを預けて、子どものより良い成長を願い、親子のつながり、人とのつながりを通して親としての喜びを感じていただけたらと願います。
そして私たちスタッフにとって幸せとは何でしょう。会話と笑顔、挨拶にあふれた安心できる環境で、自分に自信を持ち、成長できる場でありたいと願います。
子どもは社会にとって重要な存在で、かつ子育ては価値あることとして認められる社会を目指します。親自身も子育てに喜びを感じられる価値観を広めます。

 

 

事業内容
・自然の中で行う幼児教育「森のようちえんソトアソビ edu.」
・親子で楽しむ自然体験「親子じかん 週末親子でソトアソビ」
・大人のための学習講座「ソトアソビセミナー」

子どもには楽しさを

 保護者には安心を

  保育者には誇りを

 

 

森のようちえん
東京・八王子の高尾駅から歩いてすぐの浅川小学校を拠点に、3歳から遊びを通して行う野外教育を行っています。
普段は幼稚園や保育園、小学校に通っている子どもたちが、週末には、都内各地や神奈川県など八王子市内外からも多く通っています。
近くの初沢山を基本に、夏は南浅川で泳ぎ、年3回のお泊まりキャンプ、ザリガニ獲りや登山などの遠足も経験します。

 

 

森のようちえんの目的
私たちは子どもたちの幸せを願っています。
そのために私たちは、子どもたちの心と体を育て、自分で考え、自分で決め、自ら行動する子どもに育てます。

心と体、思考する脳を育て、行動する子どもに育てます。

 遊びを通して育てます。

 

 

森のようちえん内容
・自然観察
・自由に体を動かす。
・他者との関わり
・絵本やお話の世界
・歌や音楽
・食事や公共のマナー、ルール
・挨拶や礼儀

小学校以降の教科カリキュラムと違い、幼児教育は体験を通して行います。遊びを通して総合的に指導します。

私たちは、子どもたちの興味・関 心を引き出し、また個別の発達に応じて働きかけていきます。

私たちは、ひとりひとりの子どもを正しく理解し、常に「心と体、思考する脳を育てる」にはどう働きかけたらいいか考えて、積極的に子どもに、環境に働きかけていくよう努めます。

心豊かな人間に育てます。

 丈夫な体に育てます。

  高い知的探究心を持った行動力ある子どもに育てます。