9/6森のようちえん

9月6日、滝山 森のようちえんを行いました。

今日は至る所にこれが落ちていました。
とにかく尋常じゃないんです。
これは彼の仕業に違いない。
そう、彼の名は、「コナラシギゾウムシ」くん
カブトムシやクワガタと同じ固い殻を持つ甲虫の仲間です。

とにかく観察ケースでよく調べると、ありました。

見えますか?黒い穴が。
おそらくここから穴を開けて卵を産み付けた模様です。

ナイフで切り取り、中の卵も確認しました。
それから今回はこれだけたくさんのキノコに出会いました。
少しお付き合いください。




 あったかいママと手つなぎ
 歩いたあの公園
 虫や花を見るたびに僕は
 いつもあったかい気がした

朝の会でもよく歌うタッキーソングの2番です。
僕たちはこんな出会いを大切にしたいと願います。

自然とつながり、人と出会う。
自然の中で体を動かし、自分の肌で実際に感じ、自分の頭で考える。
自分で決めて、自ら行動する。
これらを遊びの中で体験します。

心は一日では育ちません。
楽しくなくては継続しません。
心と体とそして知性を養います。

森に行こう。
自然に還ろう。
そして人間に、なろう。
心豊かな聡明な人間に。

滝山ネイチャークラブ
代表 堀岡 正昭