第1回アウトドアスクール

5月12日(日)、第1回のアウトドアスクールを行いました。全部で5人の子どもたちが参加してくれました。

今日のテーマはテント設営とアウトドアクッキング。

目玉のダッチオーブン料理は肉、肉、肉のスペアリブ。鍋の温度確認や肉の表面の焼き付けなど、体験してもらいました。

火にかけて待っている間に、テント設営の講習を受けます。

実際にテントをたてるのを見た後は、自分たちで立てます。ポールの扱いなどみんなで協力しないとうまくいかないので、最初は苦労していましたが、なんとかみんなで立てることが出来ました。

ペグやハンマーの名称や使い方の注意点を聞いて実際に体験してみます。

振り回しちゃいけないよ。

出来上がったテントの中に入ってはしゃいでいますが、忘れていませんか。

ごはん作るの。

薪割り、火熾しチームと洗い、刻みチームに分かれて活動です。

無事焼き上がったおいしいホットドッグとスペアリブです。

お昼の後は焚き火の火の番とハンモックに分かれて遊びました。

みなさん忘れていませんか。今日のテーマはテント設営です。

立てたら片付ける。撤収までやってテント設営です。

ポールの扱いやテントのたたみ方など、注意点を聞いて実際に自分たちでやってみます。

うまくできたかな?

北浅川に探検に出かけて帰ったら焼きリンゴとマシュマロでおやつにしました。

お迎えのお父さん、お母さんも交えておやつを食べて記念撮影をしました。

アウトドアスクールでは、体験を通してキャンプ技術を学ぶことを目標にしています。

もちろん、子どもたちの年齢や発達に応じて分かりやすく伝えることを心がけ、実際の直接体験を重視しています。

それはもちろん、子どもたちの興味・関心ある遊びを通した総合的な指導でないと、つまらないものになってしまいます。

子どもたちにとって楽しく、よりより学びの機会となりますよう、我々も一生懸命伝えます。

ぜひ多くの子どもたちに体験の機会を与えてくださるようお願いします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。