凧あげは子育て

1月の活動は小宮公園で凧あげです。

無地の凧(カイト)にペンで絵や模様を描いて自分たちであげてみましょう。

実際に体験してみるのが一番ですが、ここで凧あげのコツをお伝えしましょう。

凧あげは子育てと同じ。

上げようと思ってむやみやたらと走り回ってはいけません。

まず最初は風を読むことです。

凧は風に乗って上がります。

無風では上がりません。けれど少しでも風があれば風に乗って上がっていきます。

風に乗せてあげるのです。

風に乗ったら糸を出しましょう。

凧が下がったら糸を手繰りよせてコントロールしましょう。

凧は風があれば自由に上がっていきます。

親は「いつも君のことを見ているよ」と送り出してやるべきです。

風がなく失速して下がってきたときはいつでも戻っておいでと少し引き寄せてやると、凧はそのうちまた、風を受けて上がっていきます。

そんな凧あげを見ながらふと子育てについて考えます。

 

でも、理屈抜きに凧、上がるとおもしろいですよね。

当日はみんなで凧、高く高く上げましょう。