安全管理の3原則

1.セーフティートークの徹底

危険な活動の前には必ずセーフティートーク(注意説明)を行う。

大事なことは、

1.一斉に行う。

2.全員に行う。

3.活動中も必要に応じてその都度行う。

セーフティートークの内容は、

1.危険について

2.禁止、制限事項

3.活動の流れや手順など

 

2.役割分担(適切な人員配置)

・人数の多いところ

・活動の中心

・危険、配慮が必要なところ

 

3.人数確認(人数点呼のタイミング)

・活動の始まる前

・活動を変化させる時

・活動を終える時

Pocket
LINEで送る