指導者(保育者)の役割

子どもと遊びの観察

対象を理解するにはまず、対象をよく見ないと分からない。目の前の子どもをよく観察しよう。子どもを見ていない人に子どもは理解できない。

環境設定

幼児教育は、環境を通して行う教育です。どんな環境を与えるかはともかく、環境を設定して、与えよう。

生活モデル

保育者自身も人的環境です。自身が良質な環境と言えるか。生活者モデルとして、言動、態度、表情、そして生き方を通して示そう。

タイムキーパー

子ども以上にプラスの発想、「もっとやりたい」という取り組みが大事だが、大人は逆算も出来ないといけない。時間を気にして子どもを急かしたり、大切なことを忘れてはいけないが、子どもとの時間の中で、自由に過ごすにはタイムキーパーという役割も必要。

記録

デジカメを使った写真撮影、ウェブや連絡帳などでの発信を含め、子どもと遊び、活動の記録を取ることは自分たちの成長の証でもある。子どもの成長と自分たちの成長を視覚化するための記録。

安全管理

安全はすべての事業の基礎である。事故がないことが安全ではない。安全とは、高い教育効果をももたらす。

人間関係調整

子ども同士の関係を調整し、高い教育効果を獲得させることが目的である。喧嘩やトラブルをなくすことが目的ではない。対立は力である。

場の調整

しつけ(生活指導)

 

Pocket
LINEで送る