野外の危険な動植物

Ⅰ 野外での危険について

1.危険な動植物

(1)ヘビ

マムシ、ヤマカガシ、ハブ

マムシの血清

(2)ハチ

スズメバチ、アシナガバチ、アナバチ、

その他(ミツバチ、クマバチ)

ポイズンリムーバー

(3)ウルシ

ツタウルシ、ヤマウルシ、ヌルデ

その他(クルミ、イチョウ、ウメ、ヨウシュヤマゴボウ)

(4)その他

アカハライモリ(フグ毒、テトロドトキシン)

マダニ

ケムシ(チャドクガ)

クモ(セアカゴケグモ、カバキコマチグモ)

Ⅱ 対応

1.予防

(1)近づかない

(2)生態を知る

(3)子どもたち自身にも危険を知らせる

2.対策

(1)危険を取り除く

(2)専門家の判断

(3)医療機関の受診

3.事後対応

(1)医療機関との連携

(2)保護者対応

(3)保険の手続き

Pocket
LINEで送る