内容

3つの柱

プログラム

教育方法

・子どもの遊びを保障した働きかけ

・発達に応じた個別の援助

・子どもの気持ちに寄り添い、子どもの権利を尊重した関わり

Pocket
LINEで送る