子どもと自然を楽しもう

「こんにちは」

子どもは何でも遊びになる。

おそうじ、おそうじ。

子どもは何でも遊びにする。

ドングリ虫、いたよ。

自然の中ではめずらしいことがいっぱい。

外に出たら何でもおもしろい。

世界は興味あるものでいっぱいだ。

せずにはいられない思いを大事にしよう。

子どものこだわりにとことんこだわろう。

子どもと一緒に外に出よう。

子どもと一緒に自然を感じよう。

子どもと自然を楽しもう。

2歳から通えるプレ森のようちえん

20年以上の保育園勤務経験から幼児の発達と遊びの価値をお伝えしています。

発達を知ることで子どもの理解が深まります。

遊びの価値を知ることで子どもの行為の意味が分かります。

分かると子どもはおもしろい。

遊びは子どもにとって生きること。

子どもと遊びのすばらしさ、お伝えします。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

幼児期の感覚体験、直接体験

観察ケースでよく見てみよう。

身近な自然に関心を持ち、その不思議さやおもしろさを体験します。

クモの巣にはじく雨だれ

自然の中の美しさや不思議さに触れ、直接体験することが必要です。

何でも触ってみる。

幼児期に五感を研ぎ澄ます体験が子どもの感覚を養います。

自然は不思議でおもしろい。

たくさんのおもしろさに満ちている。

それに気づく感性を育てます。

活発になり、好奇心旺盛な子どもたちを外の世界にいざないます。

自然は子どもたちのエネルギーを受け止めてくれます。

着替えや身支度、トイレや食事など基本的な生活習慣を獲得していく時期です。

丁寧に一人一人の発達に応じた対応で子どもたちも無理なく森のようちえんに慣れていきます。

集団に入る前の慣らし保育に、森のようちえんのスムーズな移行にプレ森のようちえんをご利用ください。

もちろん現在幼稚園、保育園に通っていても大丈夫。

週に一回、八王子高尾で良質な自然体験を経験することで身体の身のこなし、体力、情緒の安定、観察力が大きく変わります。

ぜひプレ森のようちえんにお越しください。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

自然の中での子どもの体験

大切な宝ものがあるから大丈夫。

小さくても大丈夫、がんばれる。

何でも遊びになる。

葉っぱを集めて焚き火ごっこ。

葉っぱのお肉も焼けたよ。

体全体で経験してほしい。

教えることよりも自分で感じることを大事にしたいから直接体験。

言葉より体験重視。

この子の心の残ったものが大事なこと。

自然の中での心に残る体験、プレ森のようちえん。

自然遊び、体験活動、幼児の体験ならお任せください。

子どもの発達を理解してその子の特性に応じてプログラムを組み立てます。

2歳から体験できる森のようちえん、プレ森のようちえん。

いつでもお越しください。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

木の実の中の教材

なんだろう?

身近な自然に対する関心を持って欲しいと思います。

なんかいた!

よく見る態度を身につけて観察する力をつけて欲しいと思います。

ゾウムシくん、こんにちは!

自然の中の不思議さや驚き、喜びを体験したいと思います。

自然遊びや自然体験プログラムを課題活動としてやらせるのではなく、子どもの興味関心を探り、子ども自身が感じていることを大事にして、自ら環境に働きかけていく行為を大事にしたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

自然の中で遊ぶ森のようちえん

今はまだこの小さな手で、これからたくさんのものをつかんでいくことだろう。

ケースにたくさん入ったかな。

魔法の虫メガネなら何でも見える。

今日はカマキリにも出会えたね。

おじゃましてちょっとごめんなさい。

ぼくにもよく見せてね。

教えたことは忘れても、見たこと、感じたことは忘れない。

この小さな一歩が、大きな歩みとなることだろう。

 

一人一人のお子様の発達と個性に応じて対応いたします。

トイレトレーニング中でも大丈夫。

トイレの介助は同性介助を基本としています。

女の子は女性スタッフが対応いたします。

家庭ではほとんどが洋式便器なので、男の子が立って用を足すのはなかなか難しいものです。

20年以上の経験から男の子のトイレ指導のノウハウのある男性保育士にご相談ください。

お子様にも無理なく自立出来るよう、サポートいたします。

 

幼児期には直接体験と感覚を刺激する体験が必要です。

それらが訓練ではなく、遊びを通して楽しく学習できるような教育方法が最適です。

カリキュラムに沿って課題を与える学習も幼児には望ましい効果が得られません。

幼児期の教育は子どもの興味関心を観察し、子どもの遊びに沿った教育目標を立て、子どもの主体性を尊重した保育を構成する必要があります。

私たちは、自然の中で子どもの自由な遊びを通してお子様の笑顔と保護者の皆さまの喜びに貢献致します。

お子様が外で自由に伸び伸びと遊ぶプレ森のようちえんは、発達と個性に合わせて安全な保育を目指します。

多くの子どもたちが参加する森のようちえんの体験として、プレ森のようちえんにぜひご参加ください。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

自然の中で自由に遊ぶ

ドングリは僕の宝物

小さくても大丈夫

自然の中で遊ぶ。

自由に遊ぶ。

子どもの発達を理解し、野外の経験豊富な保育士が安全に引率します。

五感を刺激し、感覚を育てます。

自由な遊びは、意欲を育てます。

安心できる環境が、子どもたちの根っこを育てます。

 

毎週水曜日、八王子高尾でお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

 

プレ森のようちえん再開

9月から平日森のようちえんも開始します。

子どもは自然の中で育ちます。

遊びを通して学びます。

少人数でお子様の発達に合わせて見守ります。

幼児期の良質な自然体験プレ森のようちえん

2歳から自然の中で遊ぶ、森のようちえん 活発になり、外で体を動かしたくなる年齢。 少しずつ親から離れて遊べるようにもなってきました。 大きな集団に入る前のプレスクールとして、自然の中で遊んで欲しい。 そんな保護者の皆様と一緒に、子育てについて、幼児期の教育について考える機会となれば幸いです。 ぜひこの時期にしかできない体験を 心からお待ちしています。


ぜひお越しください。

お待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

8月のプレ森のようちえんはお休みです。

梅雨明けはもう少し先でしょうか。

お気に入りの雨具を用意すると大人も子どもも晴れやかな気持ちになります。

幼児の自然体験は特別な場所でなくても日常の中にたくさんの発見があります。

外に連れ出す大人の存在と共に楽しむ心があれば実はそれだけで十分なのです。

楽しみは誰かが提供してくれるのではなく、楽しむ心があれば自分で見つけることが出来ます。

子どもたちが遊びを通して自ら感じ、考え、行動する力を育てていきたいと思います。

 

8月のプレ森のようちえんはお休みです。

9月からまた再開いたします。

元気にまたお会いしましょう。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

プレ森のようちえん(6/24)

「何だろう?」

「もっと見てみたい!」

そんな好奇心が出発点。

自然と出会い、環境に働きかける。

変化と刺激を好む子どもたちに自然は最高の遊び場です。

葉っぱや木の枝が教材です。

おうちを出て、外で遊び始めたら、森に行こう。

小さくても大丈夫。

楽しむ心を育てます。

自由に身体を動かすプレ森のようちえん

takiyama-nature.club

子ども時代を生きる

森のようちえんはこの時間を大事にします。

虫を見る。

自然に触れる。

感じる。

感覚と感情、今脳内で起こっている大きな変化こそが子どもの育ちです。

子どもが見ている物をいっしょに見て、子どもが感じていることに寄り添い、生きていることの喜びを私たち大人も共に感じられたら、それだけでいい。

時間を止めて、この瞬間を大事にすることが永遠の未来につながります。

プレ森のようちえんに行こう。