森のようちえん(10月6日)

観察ツールその1「ルーペ」

虫メガネ、観察ケースに続く観察ツール、ルーペ。

小さいので扱いは難しいものの、倍率はなんと15倍。

毛穴からお札の絵柄のドットまで見えます。

「虫の顔のつぶつぶまで見えるー!」

お誕生日を迎えたお子様のプレゼント、ぜひおうちでも見せてもらってください。

大人も感動ものです。

カマキリの捕食

子どもたちがしばらくここから離れられなかった、カマキリがジョロウグモを捕食する様子です。

ここには子どもたちの心をとらえて離さない、魅力的な素材にあふれています。

教えるのではなく、子ども自ら学ぶ。

私たちは子どもたちが育つ環境を用意します。

こちらは石をどけたら下から恐ろしいアオズムカデが出てきました。

「これは毒があるから触らないで。咬まれるとすごい腫れて痛いよ。」

見えますか?こんな小さなカナヘビ(トカゲの仲間です。)の赤ちゃんです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

栗を探しに行ったのに、こんな遊びになっちゃった。

 

成長はプロセスが重要です。

目標にはさらに上位目標があります。

「栗を探す」という目標の上位目標に、「人格の完成を目指す」という教育目標があるのです。

子どもは自由で楽しい遊びを通して学びます。

その学びのプロセスをお伝えし、子どもたちが獲得したものを丁寧にお知らせしていきたいと思います。

 

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


森のようちえん(10月5日)

よく見る習慣を身に付ける

森のようちえんの子どもたちは実によく観察します。

しゃがんで、ひっくり返して、じっくりと観察します。

自分たちの好きなもの、興味あるもの、魅力あるものを夢中になって観察します。

観察する対象との距離感、態度や関わり方を身に付けることで小学校以降の学びにつなげます。

子どもたちがじっくりと観察する時間と空間を保証したいと思います。

異年齢で一緒に遊ぶことを通して、自分との違いに気づき、相手を受け入れ、多様な人と関わる力になることを期待しています。

子どもたちの関係性をよく見て、適切に働きかけていくことで、子どもたち自身が人と関わる力を獲得していって欲しいと思います。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭


森のようちえん(9月29日)

自然の中で徹底して自由であるという態度と心情を獲得して欲しいと思います。

自ら環境に働きかけ、主体的に取り組む子どもに育てるには、自由な環境が欠かせません。

とことん自由に遊ぶ体験が必要なのです。

私たちは、この自然環境と、自由で楽しく遊ぶ体験を保証します。

首都大学東京の浜谷先生による遊びの盛り上がり曲線に応じた働きかけの普及を通して、子どもの笑顔と成長に貢献してまいりたいと思います。

代表ブログ『子どもの遊びを保障して「楽しい」を追求する』参照

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡正昭