森のようちえん(12月14日)

遊ぶのに理由はいらない。

葉っぱを集め、石を運び、そして遊ぶ。

感覚と感情は一生忘れません。

だからあったかい感覚と快の感情であって欲しいと思います。

森のようちえんは人生の縮図。

挑戦、葛藤、冒険。

その冒険が安心と信頼に支えられたものであって欲しいと思います。

楽しい遊びを通して、そこに仲間がいることでどんな困難も乗り越えていく力になります。

子ども時代の時間と空間を大事にしていきます。

途切れることなくこの子たちの未来につなげ、しっかりとした基礎を作っていきたいと思います。

 

幸せの見つけ方、どんな状況でも楽しむ心、くじけそうになった時の気持ちの切り替え方。

人に対する信頼感、挑戦意欲、大きくなった喜び。

すべて自分で獲得するしかありません。

森の中での自由で楽しい遊びを通して獲得して欲しいと思うのです。

私たちが育てるのではなく、子どもたちは自ら育つのです。

私たちは子どもたちが自ら「もっと大きくなりたい」と思う環境を用意します。

それは、自然であり、自由な遊びであり、安心できる良好な人間関係です。

 

幼児期にこそ、森の中で育つ体験を子どもたちに

 

保護者の皆様の温かいご理解に心から感謝申し上げます。

森のようちえんの体験の機会と学びの場が子どもたちに必要です。

良質な環境と良好な関係性に基づく人生の基礎を作ります。

こうした学びの場が広がり、すべての子どもが自由に外で遊べる平和な社会を目指し、私たちも発信してまいります。

滝山ネイチャークラブ

森のようちえん

代表 堀岡 正昭

関連記事


コメントを残す