親子じかんブログ(8月21日)

今回の親子じかんは小さい子も安全に楽しめるフィールドに変更して行いました。

子どもの発達を押さえたフィールド選びが安心の親子じかんです。

きれいな川の水の冷たさを親子で体験していただけたらと思います。

ゆったりと過ごすかけがえのない親子じかんでありたいと願います。

冷たい水とつないだ手のあったかさは一生の思い出となることでしょう。

滝山ネイチャークラブはかけがえのない親子じかんを応援します。

親子の自然体験、外遊びに悩んだら親子じかんにお越しください。

安全なフィールド、安心出来る空間、親子で楽しめる体験をご用意してお待ちしています。

次回は、夏休み最後の企画、梨狩りです。

親子じかん-梨狩り-

千葉県鎌ケ谷市、都内からのアクセスも抜群です。

28日(水)と31日(土)からお選びいただけます。

お会いできることを楽しみにしています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

親子じかんブログ(8月13日)

子どもの発達とフィールドの危険を知ることで、自由に遊ぶということと安全に遊ぶということが両立できるようになります。

多くのお父さん、お母さんたちが、子どもには自由に外で遊ばせたいと願います。

フィールドの特性とそこに潜む危険、その対処法を学ぶことで安全が高まります。

親も自由になることで、子どもの自由を認められるようになります。

大人も人生を楽しむことで、子どもの自由な遊びの持つ価値が理解出来るようになります。

子どもにとって重要な学びである自由な遊びの持つ価値を広めたいと思います。

親であることの喜びを感じられる子どもの笑顔をお伝えしていきたいと思います。

大人の自然体験は心地いい体験であることが必要です。

滝山ネイチャークラブの親子じかんは大人も子どもに帰る体験です。

忘れかけていた大切なことを思い出す時間です。

振り返るとあっという間の子育て期。

かけがえのない親子じかんを精一杯応援します。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

親子じかんブログ(8月11日)

親としての喜びを広めたい

大変なことも多いけど、私たちは親になりました。

今、子育てをすることが難しい社会ではあるけれど、親としての喜びが感じられれば頑張れます。

この子のためなら頑張れます。

社会を見ると、「こうしなきゃいけない」空気が蔓延し、育てにくさを感じるけれど、ここに来ると「これでいいんだ」そう思える空間でありたいと思います。

そのためには、子どもと一緒に遊ぶ大人であるということが大事なように思います。

実は、子どもたちが望んでいるのは「一緒に遊んで欲しい!」ということではないでしょうか。

お父さん、お母さんたちに求めるのは、ほんの少しだけ子どもにかえって、子どもと一緒に遊ぶこと。

そのお父さん、お母さんたちの姿が子どもにとっての親モデルになるからです。

この子たちは大人になった時、当たり前の様に子どもを大事にすることでしょう。

愛しているということを精一杯伝えることでしょう。

川遊びも自然体験も実はきっかけに過ぎません。

アウトドアの専門家になろうというのではなく、この子にとっての最高の親でありたいと思うのです。

自信と誇りを持って子どもと遊ぶ大人がますます増えることを願っています。

 

幸せの親子じかん、広めます。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭