〇が美風食パン

みなさん、いかがお過ごしですか。
梅雨でもおうち時間、楽しんでいますか。
ほりさんは食パンを焼いています。
ホームベーカリーでパンを焼くのも少し慣れてきたところで、〇が美風食パンに挑戦です。
レシピによると水を40ml生クリームに替えて、砂糖を多めの35gにするだけで味と食感はほぼ〇が美に仕上がります。

問題は砂糖の量です。
通常の倍は入れます。
果たしてこれでいいのか。
試しに少し減らして30gにしてやってみました。
結果は・・、普通のパンです。
やはり、砂糖の量が重要なようです。
しかし、生クリームを入れて砂糖を増やすだけでおうちで毎日〇が美パンが食べられるのならお手軽です。

次は2斤に挑戦です。
さすがに毎回1斤で作るとパンを焼く回数が増えます。
2斤に量を増やし、時短モードで作ってみたいと思います。

おうちでごはんは工夫が問われます。
何でもやってみよう!
楽しむ心と興味関心、好奇心が必要です。
でもそれさえあれば何でも楽しめる!

ぜひみなさんもおうちでごはん、楽しんでみて下さい。

滝山ネイチャークラブ
ほりほりほりちゃん

夏のおうち時間の作り方

これから暑くなります。
夏のおうち時間は涼しくして過ごしましょう。
窓を開けて換気して、開放的な雰囲気は子どもも情緒が安定します。
庭やベランダにタープを張って、日よけを作って過ごしましょう。

何も炭火でバーベキューだけがキャンプではありません。
滝山ネイチャークラブのキャンプは対象に合わせてガスや電気も使います。
お部屋のキッチンで作った料理でも、外で食べればさらにおいしくなるというものです。

食は単なる栄養摂取とは限りません。
色やにおい、その場の雰囲気や誰と食べるということも重要なスパイスです。

ぜひ健康で楽しいおうちでごはんをお楽しみください。
ほりほりタピオカほりちゃん

陶器のむらやま

普段使っている茶碗が少し欠けたのもあって、陶器のむらやまに行ってきました。

https://akiruno.town-info.com/units/36232/murayama/

前から欲しかったシンプルなコーヒーカップとソーサーのセットも購入出来ました。

普段使いにはこういうのが一番、と思っています。

茶碗もご飯をよそって馴染むのをイメージして決めました。

隣の茶碗は少し大きいけど、どんぶりにする時用に買いました。

これは大特価でした。

個人のお店はこういった掘り出し物があるのもうれしいところです。

さあ、後はこれを使っておいしい”おうちごはん”にするだけです。

みなさんもおうちごはんを楽しんで

ほりほりほりちゃん

こんな夜は I miss you

ハイ、スーパーに行くまで車で往復30分の恩方住民のほりちゃんです。
68円の食パンを買いにドラッグストアまで行くか、それともパンを焼くか。
今日はパンを焼きます。

もう大分慣れて計れるようになりました。

いつも思うけど、こんなんでいいのか。
水と強力粉を入れたら、四隅にバター、砂糖、塩、スキムミルクを入れて、真ん中にドライイーストを入れるだけ。
説明書にそう書いてあるし、実際これで焼ける。

ハイ、後はパン焼き機くん、4時間50分、がんばってね。

ほりほりほりちゃん

もっと食べることを楽しもう

ほりちゃんの朝はトーストと決まっています。
トースト2枚にコーヒー
もう何十年もこれです。

普段はトースターで焼いても、たまにはホットサンドメーカーで焼いてみます。
カリタのケトルの2段重ねで一石二鳥です。

「おうちでごはん」を上げていて思うのは、食べるってことを楽しむってこと。
人が何て言おうとも、自分の人生、自分の暮らし、自分が満足いく食べるということを楽しんでいきたいと思うのです。
人に良く思われようとか、こんなこと言ったら嫌われるんじゃないかって思うこともあるけど、そんなことは実は重要じゃない。

言いたいことは、「みんな、自分の人生、自分の暮らし、楽しもうよ」ということ

ちょっと焦げたっていいじゃない。
時間がかかっても気にしない。

もっと自分を楽しもう
もっと暮らしを楽しもう
もっと食べることを楽しもう

ほりほりほりちゃん

いなだ丼第二弾!

ハイ、いなだ丼
味は抜群です。
切るのも少し慣れました。

そげ切りですが、もっと刃を寝かせて切った方が良かったね。
やっぱり難しいね。
まあ何事も練習です。
そう、何でもそう。
練習の機会がないだけ。
冊を切る練習なんて学校でやったっけ?
今までやってこなかったら、これからやったらいいだけ。

人生も然り。
正しく練習して、楽しんで練習すれば、必ず上達する。
今は下手でも、わたくし、上達します。
なんせ、向上心と遊び心が半端ないですから!

ほりほりほりちゃん

史上最強のいなだ丼

おうちでごはん、史上最強においしかったやつ、出来ました!
その名も、「いなだ丼」!
某所に出かけ、帰りに寄ったスーパーで「いなだ」(みなさんご存じですか?ブリの幼魚の名前です。)を買ってきました。

真ん中で切って小骨だけ取って、そぎ切りで切ったらご飯に盛り付けるだけ。
まあ、見た目は気にしない。そのうち上手になるよ。

とにかく絶品のうまさ!
史上最強だよね!

漁師さんがつやつやでいつまでも元気なのも分かる気がします。
本当は1匹で欲しかったんだけど、今日のは成りも良くて50cm以上のサイズでさすがに食べきれない。
一回やってみたかったんだよね、冊で買ってきて丼にして食べきれないほど盛り付けるってやつ。
これでもまだ半分残っているから後は明日。
みなさんもおいしい魚、食べましょう。
それではまた、シーユー。

鍋でご飯

ハイ、IH対応の鍋を買ってきて、IHコンロで鍋を焦がしてからのリベンジです。
今回は、安い鍋がいけないのか、俺の炊き方がいけないのか、はたまたIHは難しいのかという検証です。

結論から言うと・・、

「米1合に対して水200ml」
この常識が違うんじゃね!

前回きっちり400ml測った時はこんなに水、なかったぞ!

ハイ、結果はおいしく炊けました!

今回水の量はユニフレームの鍋で水の量を測って新しい鍋に移して炊きました。
だから、水分量はユニフレーム推奨の量。

鍋の底にご飯がくっつくのはフッ素加工も何もしてないからだと思うので、仕方がないのか。

余ったら陶器のおひつに移して明日もおいしくいただきます。

今回の検証の結果は、驚きの世間の常識に挑戦するという大胆な結果になりました。

引き続き検証は必要です。

それではみなさんもおうち時間とおうちごはんをお楽しみください。

シーユー

おうちdeコーヒー

買い物に出かけようと思ったら、生活必需品以外のお店は軒並み休業ということで「おうちdeコーヒー」にしました。
普段はインスタントですが、たまに落としたコーヒーを飲みたくなります。
次はコーヒーミルに挑戦してみようかと思います。
みなさんもおうちdeコーヒー、楽しんで見て下さい。

親子じかん(5/5)

幸せはいつも身近なところにある。
それを感じられるかどうか。
幸せを見つける力、感じられる心を育てたいと思います。


子どもには変化と刺激に富んだ環境を用意しましょう。
子どもにとって魅力的な環境を用意しさえすれば、子どもは自ら遊び出していきます。
大人が一生懸命になってやらせなくても、子どもには環境に働きかけていく力があります。

私たちは、それを信じて子どもを外に連れ出していくのです。
その時に必要なのが、子どもの主体的な行動を肯定的に捉え、一緒に遊ぶ大人の存在です。
朽ち木の中にクワガタの幼虫を見つけたお父さんは子どもたちのヒーローです。

ここには既存の遊具は何もないけど、子どもたちの想像力を豊かに広げる素材ならたっぷりとあります。
ほんのちょっとの見守りと、ほんのちょっとの手助けで、子どもたちは私たちの想像を遥かに超えて楽しむ世界を持っています。

子どもたちには力があります。
すぐに仲良くなって、一緒に遊び出していく力があります。

一斉に何かをやらせるのではなく、個別化の原理でそれぞれの興味関心に応じて働きかけていくことで子どもたちの脳内では大きな変化が起こっています。
感情が揺れ動き、感覚が研ぎ澄まされ、一生忘れない記憶となって残るのです。

そのことをもう一度、大人も思い出していただきたいのです。
「あぁ、そうそう、こんなことして遊んだね。」
それは子育ての自信となって、我が子へのより深い愛情へと変わります。

親子じかんには子育てを楽しむノウハウがふんだんに散りばめられています。
保護者の皆様の子育てをいつも応援しています。

もっと自然を楽しもう

もっと親子を楽しもう

森のようちえんの滝山ネイチャークラブ
代表 堀岡 正昭

おひつ

ハイ、定番の親子丼ですが。
そこじゃなく、奥のおひつにご注目。
炊いたご飯の保存にどんぶりにあけていたんですけど、もっとおいしい方法はないものかと探り、陶器のおひつを購入しました。
本当は木のわっぱのおひつがいいのかもしれませんが、お弁当箱ならいざ知らず、普段使いではストレスもたまりそうで、陶器にしました。
さあこれでご飯を炊くのも楽しみになったというものです。
みなさんもおうちでごはんを楽しんでください。
ほりほりほりちゃん

やらかしたー

ハイ、いつもの晩ご飯
麻婆豆腐ですけど、何か。
そっちじゃなく、ご飯の方。
お豆ごはんじゃなく、お焦げね。
やらかしたー!
IH対応の新しい鍋を買ってきたけど、炊いたら何か焦げ臭い。
まだ開けるには早いけど、開けて見てみたら何と焦げてるではないか。
下の方、おー!
何だ!君はー!
安物の鍋が悪いのか。
IHの温度調整が悪かったのか。
最初は鍋のせいにしたかったけど、よくよく考えたら、湯気が出ている段階でもっと温度を下げておかなければならなかったのか。
IHの難しさよ。
ユニフレームの鍋だと湯気出てれば吹きこぼれない程度に火力を弱めればよかったけど、この鍋はもっと下げて良かったのね、くすん。
後で新品のお鍋、お焦げをがんばって取ろう。
ほりほりほりちゃん

ペペロンチーノ

IH調理第一弾はペペロンチーノ風のニンニクとオリーブオイルで茹でたパスタ。
ゆで汁を捨てるのが忍びなく、ゆで汁が出ないレシピで作ってみました。
キャンプ飯、男飯なんてそんなもの。
要は・・。
簡単に、おいしく、作って満足、食べて満足。
さあ、みなさん、おうち時間とおうちでごはんを楽しんで行きましょう。
ほりほりほりちゃん