想像力

ウイルスも怖いが、それよりやっかいで忌むべきもの。

それは、エゴとデマと差別だ。

でもそれは、誰の心にもある。

自己中心的で自分勝手な行動はなかっただろうか。

よく調べたり、考えもせず、人のうわさや情報をうのみにして、他者に広めたり信じたりして、無用な不安やあせりなど煽ったりしていないだろうか。

誰もが差別は良くないと考えるが、その行為は相手に対する尊厳を表していると言えるだろうか。

コロナの影響で、人間の本質が明らかになってきた。

ウイルスの恐怖と共に、エゴとデマと差別によって、人類は互いの首を絞め、自滅の恐怖も表れてきた。

人類には叡智がある。

相手を思いやる想像する力がある。

物事の本質を見抜く英知がある。

人格に対する尊厳、異なる意見の尊重、他者に対する敬意を持てる。

ワクチンの開発には今しばらく時間が必要だろう。

しかし、エゴとデマと差別の恐怖からは今すぐでも打ち勝つことが出来る。

聡明で良識ある人間でありたいと思う。

これからのテーマは、「想像力」ではなかろうか。

想像力を働かせ、自分は独りよがりではないか、相手を傷つけてはいないか、物事の本質を見極め、正しい判断を出来る大人でありたい。

関連記事