子どもの気持ちに寄り添う

滝山ネイチャークラブの森のようちえんは、「対象に応じて働きかけを変える」保育を行っています。

子どもは様々で、一人ひとり人権があり、大切にされなければなりません。

ソトアソビスクールで、研修生やボランティア体験の方に守っていただく3つの事柄の一つが、「子どもの人権を守る」ということです。

我々は自由です。

その自由を侵害されたり、不当な扱いを受けることは断じて許されません。

それは子どものためだけではなく、私たち大人にとっても、自由を求め、自らの権利を主張するものなのです。

集団生活において規律を守ることは必要ですが、不当に拘束されたり、無理に人に合わせたりする必要はないのです。

当たり前のことですが、当たり前のことをきちんと言っておかないと、その当たり前のことが当たり前でなくなることが怖いのです。

滝山ネイチャークラブの森のようちえんでは、「みんながそうしているから」という理由で、みんなと同じ行動をするようには求めません。

一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添い、話を聞いて、その子の思い(行為の理由)に寄り添うようにしています。

ぜひそうした「子どもの人権を守る」「子どもの気持ちに寄り添う」保育が広がることを切に願います。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です