1月17日森のようちえん

人や自然と関わる体験を通し、距離感や関わり方などを身につけて欲しいと思います。


君のことをもっと見つめていたい

ひとりじゃない、側に寄り添ってくれる人がいる

「どう?これ、すごいでしょ、ハート。」

物のやりとりを通し人と関わる

気になる君のことをもっと知りたいと思う

体をぶつけて関わる

心を解放して関わる

関わる体験をしてきた子たちは、臆することなく関わるようになります。
最初は怖かったけど、大丈夫。
人は信頼できる。
自分勝手じゃうまく行かないこともあるけれど、やり方を勉強すればそのうちきっとうまく行く。
くり返し練習すればきっと上達する。
人や自然と関わる力が上達するはず。

人が好き、自然が好き、そして自分が好き

そんな子どもに育って欲しいと思います。
私たちはそんな子どもたちを全力で応援します。
たっぷりの愛情で応援しています。

滝山ネイチャークラブ
代表 堀岡 正昭


1月10日森のようちえん

私たちは関わる体験を大事にします。

伝え方だったり

相手との距離感だったり

それらは遊びを通して

自然の中で

様々な体験が必要だと感じます。

お友だちや周りの大人との信頼関係が基本にあることは言うまでもありません。

あたたかく見守ってくださる保護者のみなさまとの関係性があってこその体験活動です。
本当にいつも感謝いたします。

私は「ありがとうございます」という言葉は日本語で一番美しい言葉だと思います。
関わる体験を通して、「ありがとうございます」という「心」を伝えていきたいと思います。

私たちは心を育てます。
心と体、思考する脳を育てます。

滝山ネイチャークラブ
代表 堀岡 正昭