まずは目標を定めましょう。

丈夫でしなやかな身体をつくりましょう。

誰もが健康な体を作ることに異論はないはずですが、その方法はまちまちです。

運動能力について東京学芸大学の杉原先生の調査研究から次のことが明らかになっています。

それは、1.様々な動作が期待できる環境を用意すること、2.繰り返し練習すること、3.自分がやりたいことをやることが効果的だということです。

だから私たちは、変化に富んだ魅力ある自然環境で、多様な動きを繰り返し経験させるのです。

変化と刺激に富んだ子どもにとって魅力ある自然環境を設定します。

繰り返し反復練習出来るように、毎月定期的に参加できる仕組みにしています。

主体的に取り組めるような環境を整えようと思うから、私たちは子どもに指示することが極端に少ないのです。

 

じょうぶでしなやかな身体をつくりましょう。

 

そのために効果的な方法をエビデンスに基づいて明らかにし、後は情熱を持って取り組みましょう。

ソトアソビセミナーで理論を学び、ソトアソビ実習で実践を繰り返し、「分かった」を「出来る」に変えましょう。

ソトアソビスクール

滝山ネイチャークラブの森のようちえん

代表 堀岡正昭