子どもと同じものを見る

子どもが見ているものを見ましょう。

同じものを見ることで気が付きます。

それは子どもと距離を縮めないと見えてきません。

関係を作らないと距離が縮まりません。

こちらが一歩踏み出せば、子どもはすぐに受け入れてくれます。

目線と視線を合わせることで子どもの世界が見えてきます。

子どもを理解することが大切です。

それにはまずは子どもが見ているものと同じものを見てみましょう。

子どもというものが理解出来たらもっと楽しくなる。

ソトアソビスクールで子どもを知ろう

ソトアソビスクール

滝山ネイチャークラブ、森のようちえん

堀岡正昭