指導方法

指導法

(1)スモールステップ

指示すべき内容を対象に応じて段階的に考える。

(1)ファーストステップ「まずはこれをやってみよう」

一度にいくつも支持するのではなく、優先順位と段取り、手順を踏まえ、最初に取り組む支持を一つだけ、明確に伝える。

(2)ナンバリング

指示に優先順位をつけ、最初に取り組む事柄、2番目に取り組む事柄、3番目に取り組む事柄を明らかにする。

指示は3つにまとめる。多くても5つ。それ以上の支持は指導者に問題がある。3つから5つにまとめる。脳科学的に大人でもこれ以上の情報処理は無理がある。