スタッフ配置と役割分担

スタッフ配置と役割分担

・人数の多いところ

・活動の中心

・危険、配慮の必要なところ

変化する役割

スタッフの役割は常に固定とは限りません。役割は変化します。スタッフは常に考え、判断しなければなりません。人と役割が変化するチームにおいては、スタッフは自分で考え判断する訓練をしなくてはなりません。また、それを確認し合うコミュニケーション能力がもっとも重要とされます。

感情(ハート)のコミュニケーションと論理的(ロジカル)なコミュニケーション

スタッフ間の関係がうまくいかないときは感情(ハート)のコミュニケーションが必要です。互いに理解し合えるプログラム(ブレーンストーミングやKJ法を用いたディスカッションや、心を解放するレクリエーション、一緒に一つの目的に向かって取り組むプロジェクト法など)を利用したり、時にはアフターファイブで飲食を共にするのも効果的です。
また、関係が慣れてきて、だれてきたときには論理的(ロジカル)なコミュニケーションが必要です。それらは組織の高い理念と牽引車(リーダー)の熱い情熱が欠かせません。時に熱く語り合う雰囲気がなければ大いなる事業をなし得ることは不可能です。