安全について

複数のスタッフ

活動は必ず複数のスタッフで同行。複数の眼で子どもを観察することで、安全の質を高めることと、子どもの多面的な理解を深める。

専門性

子どもを理解する専門的な資格(幼稚園教諭、保育士資格、学校教諭、救急法、キャンプインストラクター、レクリエーションインストラクター、ネイチャーゲームリーダー等)の他、日々研修を受け、専門性を高める努力を積み重ねていること。

保険加入

毎回の活動で参加者全員の傷害保険に加入。社会福祉協議会「行事保険」に加入。

安全のための装備

ファーストエイドキット、ウォーターバック等の携行、水辺の活動の際のライフジャケットの着用、水辺の活動三種の神器(ライフジャケット、アクアシューズ、ラッシュガードの徹底)、他キャンプ活動の用品の精査(ペグやハンマー、ボールやロープなどは本格的な製品に入れ替え)

食物アレルギー対策

アレルギー児対応について
・事前の調査(健康調査票)
・アレルギー食物除去
・弁当持参依頼

防犯対策

「地域で守る」地域や学校、警察や消防など大きなチームで子どもたちを守る防犯を基本とする。適時、警察や消防、学校や行政等に連絡を入れる。

災害対策

リスクマネジメント

野外の危険な動植物