8月7日、森のようちえん

子どもたちにはとにかく、多様な関わりの中から学ぶ体験を提供したいと考えています。

20160807-141

虫や花、自然の中でたくさんの生き物と出会う体験をして欲しいと思います。

20160807-063

それと同じくらい、いろいろな人と出会う機会にしたいのです。

20160807-151

たくさんの愛に触れてほしいのです。

20160807-185

自然体験という楽しい思い出と大好きな人たちとのあたたかい感覚をセットで記憶させたいのです。

20160807-215

この子たちの人生が豊かで幸せでありますように。

そのためにはこうした経験が幼少期にどうしても必要なのではないかと思うのです。

滝山ネイチャークラブは一貫して人を育てることに力を注いでいます。

この夏も多くの若者が体験に来ました。

こうした若者の受け入れにご理解いただき、本当に感謝いたします。

彼らもいつかは親になるでしょう。

例えそうでなくても、一人の大人として子どもの育ちを見守る存在であって欲しいと訴えています。

「子どもってすばらしい」「未来は明るい」そう思える若者たちであって欲しいと思います。

こうした(子どもを育てる活動)と(その子どもと関わる人を育てる活動)を併せて推進してまいります。

 

私たちは未来を、今、創っています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

 


7月31日、森のようちえん

繰り返し、繰り返し体験し、身に付けて欲しいと願っています。

20160731-167

人と関わるということは繰り返し練習しないと上手になりません。

20160731-108

体験を通して、自分で考えて、自分で決めるということを身に付ける。

20160731-043

楽しく遊ぶことを通して身に付けて欲しいと思います。

20160731-002

7月、8月の森のようちえんはこちら浅川市民センターで集合解散にさせていただいています。

地域のみなさんに感謝しつつ、子どもたちにとっても多様な関わりにつながればいいなと思います。

20160731-004

暑い中での活動ですが、道中は日陰を選んで水分補給と休憩を取って健康には十分気を付けていきたいと思います。

ライフジャケットの点検や安全確認、川遊びの前の準備体操や水慣れ、川遊び中も子どもの見守りや健康状態の確認など、一つとして怠ることなく安全で健康な活動を継続してまいります。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭