2015年3月21,22日、お泊りキャンプ-八王子市子どもキャンプ場-

3月21,22日、八王子市子どもキャンプ場にてお泊まりキャンプを行いました。

まずはいつものようにおうちの人と一緒に朝の会。桜が見後でしょ。

そして、決意表明。「がんばります!」

みんなで危険なところがないか、明るいうちに探検です。

トイレの場所も今のうちに確認しておけば、夜も怖くない。

すぐにいつもの「発見」です。

「僕もあったよ。」

私のはこれ。

これなんだ?

そうだ、テント立てなきゃ。

ほりさん、遊んでいる場合じゃないよ。

さあ、ポールつないで

だからそうやっちゃ、だめだって。

本当に、自由です。

でも力を合わせて

さあ、ほりさんの所に持ってきて

スリーブに通して

出来ました!

ほりさんのテント、手伝ってよ。

わたしは休憩

どんなお話しているのでしょうか。

俺たちはペグ打ち、任せて

この角度かな?

もう一つのテント、中に入って「わあーっ」

さ、お腹すいたからお弁当にしよう。

やっぱり食べるって、うれしい!

見事な桜の下でお花見弁当です。

「食べたら荷物をテントに運んでー」って、もう寝てるの誰だ?

わたしもウクレレ、やってみる。

外でソング!

今日は凧揚げの凧作りです。

自分の名前を書いて

自由にお絵描き

わたしは何色で描こうかな?

出来たらさっそく、「走れ~!」

「見て、見て~!」

こうやってやるんだよ。

すごいでしょ。

あんなに高い

思いっきり走るって、楽しい!

疲れたら、ペグ打ち

ほりさんと火起こし

見つめるのは、未来

それとも遥かなる広い世界

火の番は任せて

さ、今夜のスペアリブ。楽しみです。

味付けはわたしがやるね。

ぼく、出来るよ。

醤油も入れて

後は炭にかけて待つだけ。

さ、みんな。これが夜の電気、ランタン。ここは熱いよ。危ないから気を付けよう。

調理の前には手を洗ってみんな真剣です。

猫の手、出来るよ。

見てて、こうでしょ。

わたしもやってみる。

いちごも洗ってね。

寒くなったら火の傍で暖まって

僕たちは元気!

自由に体を動かして

2人で登って

わたしはお絵描き

僕も入れて

気が付くとこっちでは相撲

ほりさんにも負けないぞ!

またまた凧揚げ

2人で凧揚げ

「さ、みんなお肉焼けたわよ。」

今日はカレーとスペアリブ、自分たちで切ったきゅうりとレタス、そしていちご!

見事な食べっぷりです。

だんだん暗くなってきました。

歯を磨いてトイレに行ったら寝袋に入ってほりさんの素話でした。
内容は‥、子どもたちに聞いてみてくださいね。

翌朝です!

「ほりさん、寒いよ。すぐに火、起こして!」

みんな火の回りに集まってきます。

火を見つめるあたたかい心

火を任せたらもう大人の男!ですね。

僕も出来るよ。

さあ、手を洗って朝ごはんの用意をしよう。

自分たちで包んで

すき間がないようにね

アルミホイルを少しクシャっとするのがコツです。

さ、お腹すいた。

朝日を浴びて、外で食べるごはんは、「おいしい!」

やっぱり食べてます。

あたたかいスープ、おいしかったね。

食べ終わても大好きな人と一緒に

食べたらまた凧揚げ

そしてネイチャークラフト、イーグルアイに挑戦です。

好きな毛糸を自分で選び、巻いていきます。

今日の作品です。

開放的な空間と自然の美しさの下で

向こうではお母さんたちが迎えに来ているのに夢中です。

おみやげにするんだ。

向こうにはキッチン、こっちはリビング。

キャンプ最後の振り返りと帰りの会です。

まみちゃんの手作り絵本の読み聞かせです。

最後は「さよならあんころもち」です。

目には見えない大切なものが子どもたちの中に育っています様に

こんな大きなリュックも自分で背負います。

「自分で出来ることは自分で」というより、子どもが出来ることを大人が奪わない。
出来ることはうれしい。そのうれしいことを大人がやってしまわないということ。
この2日間、子どもたちは本当に自分たちで何でもやっていました。
自立している子どもたちに拍手です。
もちろん、彼らが出来ること、出来ないことを見極め、彼らの喜びをきちんと体験させたということなのです。
そんな子どもたちは実に安定してます。実にのびのびとしています。そして実に生き生きとしています。
そんな難しいことはしていないのですが、すべての活動を「遊びを通した体験の場」「体験を通して学ぶ」「学ぶ喜びを知る」経験になればと思っています。
それには子ども理解と遊び理解、自然への理解が不可欠だと思います。
彼らの学びがより深まる体験となるよう、これからも子ども理解・遊び理解・自然理解を深めていきたいと思います。
最後になりましたが、私たちを信頼し、大切なお子様を預けてくださる保護者のみなさまに心からお礼を申し上げます。
私たち滝山ネイチャークラブは安全と楽しさをさらに高めていきます。

滝山ネイチャークラブ代表 堀岡正昭

下記のサイトから写真の注文が出来ます。

https://egao.photo/store/

スクールIDは参加者にのみメールでお知らせいたします。届いていない場合はご連絡ください。

 

Pocket
LINEで送る

3月7日(土)、マス釣り遠足(滝山 森のようちえん)

3月7日(土)、マス釣り遠足を行いました。

八王子市子どもキャンプ場にみんなで集まって朝の会

多少の雨なら日本最大級のレクタタープで雨をしのげます。

3月生まれさん、おめでとうございます。

お父さん、お母さんたち、行ってきま~す!

「がんばるぞー!」「おー!」

さあ歩くよ。すると・・、

うぉっ!見えてきた!日本で唯一、トロルが住むと言われている橋!

みんな泣かずに渡ることが出来ました。

途中、梅の木の前で

釣り場の入り口で

管理人のおばさんにご挨拶です。

管理人のタクヤさんにレクチャーを受けます。

さあ今度は3グループに分かれて

こうやって針を外して・・

こっちは女の子チーム、がんばって

さっそく釣れました!

自分でつかんでバケツに入れて、

こっちも「釣れた!」

「ヤッター!」大歓声です。

次々と声が響きます。

このエサをつけるのが難しいんだよね。

おっ、大物だ!

果敢に自分で針を外します。

私が釣ったの、でもちょっと怖いな。

僕も釣れたよ。

両手でぎゅっと握って

こっちも釣れた!

みんなで協力して針を外して

兄弟で力を合わせて

釣れないときはアドバイスをもらって

ほら、釣れた。

すごいなぁ、じっとしててね。

結構釣れたね。

「釣れた人~?」「はぁ~い!」

さばいているのも見学させてもらいました。

ちょっと、邪魔していない?

これ、僕が釣ったの。

見ているのは、命です。

さあ、手を洗ったら、お弁当の用意をして

寒い日でしたが、エアコンのついたお座敷でお昼でした。

今日の釣果を確認です。

どうなるかと思いましたが、無事おみやげ分もありました。

最後はお世話になったタクヤさんにお礼を言って、ご挨拶。

ハイタッチで、心のふれあいでした。

帰りも元気に走っています。

ここはゆっくりね。

誰も落ちなかったのが、何よりです。

キャンプ場に着いたら火をおこして暖を取り

たき火を囲んで帰りの会です。

最後にみんなで記念写真。「合い言葉は~?」「だ・い・こ・ん・お・ろ・し~」

心がゆれ動く体験をさせたいと思います。
あの釣れた瞬間の「うわっ、やったー!」
跳ねる魚をさわったときの感触。
友だちとの関わりや身近な大人とのふれあい。
こうした体験を通して、感情豊かな人間らしい人間に育って欲しいと願っています。
無関心、無表情、無感動では、だめです。
その意味ではこの子たちは、本当によく育てっていると思います。
僕らはその芽をつぶさないだけ。
彼らの大切なモノを、大事に大事に育て、未来に、世界に羽ばたく人材に育ってくれることを心から願っています。
活動のねらいを理解して、大事なお子様を預けてくださる保護者の皆様には、本当に感謝しています。
これからも活動の質を高め、安全の質を高め、楽しさの質を高め、子どもたちの笑顔が未来につながるよう、精一杯がんばります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

Pocket
LINEで送る

今日の「親子でソトアソビ」開催します!

こちらは現在くもりです。
予報は雨ですが、大型タープ2張で雨をしのぎ、焚き火で暖を取りましょう。
古代式火おこしやネイチャークラフトを予定しています。
大人は暖かいコーヒーを飲みましょう。
長靴や雨具があると外でも遊べます。
気をつけてお越し下さい。
お待ちしています。代表 堀岡
Pocket
LINEで送る