初めての方へ

 

初めての方へ 

 

 

こんにちは。

 

八王子で森のようちえんを開いている、滝山ネイチャークラブです。       

 

森のようちえんは、

 

北欧から始まった自然の中で行う幼児教育です。

 

子どもは、自然の中で育ちます。

 

自然の中には不思議がいっぱい。大発見がいっぱいです。

 

自分で何かを発見した子どもは、その喜びを原動力として、自分で考え、行動することができるようになります。

 

多感な幼児期こそ、自然のなかでたくさん遊んでほしいと思います。


滝山ネイチャークラブでは、子どものいるご家族を対象とした 親子で楽しむ『恩方 森のようちえん』と

3歳以上(4月1日時点)のお子さんを対象とした 子どもだけの『滝山 森のようちえん』という活動を行っています。

ご参加を希望される場合には、お名前、お子様の年齢を明記の上、以下のアドレスまでご連絡ください。

折り返し手続き方法をお知らせいたします。また今後の活動のご案内もメールでお知らせいたします。

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご連絡、お待ちしています。


お問い合わせ先  bud滝山ネイチャークラブ 

                                mail:takiyama_nature@nifty.com

                                TEL 042-652-9265  

Pocket
LINEで送る

7月26日、子どもだけの「滝山 森のようちえん」

7月26日、子どもだけの「滝山 森のようちえん」を行いました。

ライフジャケット着て、準備オッケー!

お母さんに「行ってきます!」

出来ないところは手伝ってもらって

出発~!

途中で休憩

荷物も自分で持つよ

川に入る前は体操して

京王線からも見える場所です。

少しずつ水に慣れてから

捕まえたら入れてね

なんかいた?

僕らの水族館

はしゃぎすぎです。

夏の思い出

たくさん遊んだら疲れちゃった。

最後に記念写真

川は最高です。夏は川に行きましょう。

ここは浅瀬でストレートなので幼児でも安全に楽しめます。

とは言っても、すべりやすい石があったり、足下は不安定で危険です。

でも、そこを自分で体感して、ここは危ないな、ここはゆっくり行こうと自分で判断しなくてはいけません。

そうした体験の積み重ねが、状況判断やその場の状況に応じた身のこなしや動作を身につけていくことにつながります。

そのときに必要なのは、「危ない!危ない!」「こうしなさい!」「あれしちゃだめ!」ではなく、子ども一人一人の力量に応じた援助がいつでも出来る体制をとった見守りではないでしょうか。

私たちは子ども一人一人の理解を深め、一人一人の発達や意欲に応じた働きかけを心がけています。

子どもたちが主体的に環境に働きかけ、問題に立ち向かっていける態度を身につけて欲しいと願っています。

それらを我々は、遊びを通して学んでくれるようプログラムしています。

今後ともますますのご理解とご協力をお願いします。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡 正昭

Pocket
LINEで送る

お泊まりキャンプ1日目

7月20,21日、子どもだけの「滝山 森のようちえん」お泊りキャンプを行いました。

場所は静かで涼しい八王子市日影沢キャンプ場です。

来たらさっそくペグ打ち遊びの開始です。

朝の会はお家の人もいっしょに参加です。

お家の人が帰っても泣かないよ。

 

最初にトイレの場所を確認です。

次に自己紹介

お次はさっそくみんなでテントを立てよう。

これが

なかなか

大変でした。

でも

何とか

無事立てられました!

子どもたちの知的探求心は

とどまることを知らず

たくさんの発見や

出逢いがありました。

疲れたら

夢中になってペグ打ち遊び

おなかがすいたらみんなでお弁当

お弁当の後はみーちゅんのウクレレとコラボでセッション!

「笑う~、門には 副来る~」

元気に

走る

走る~

3時のおやつだそうです。

 

おやつの後はとうもろこしの皮むき

一人増え

2人増え

3人増えして

たくさんのひげと皮むき、出来ました。

続いては薪割り体験。まずは軍手をはめて・・

「最初はグー」、じゃないよ。右手はグーで・・

刃物を持つ右手は素手で、反対の手に軍手をはめよう。

まずは話をよく聞いて・・

やり方をよく見て

動作をやってみよう。

薪を下ろしたら左手を抜いて離す。

さあ、実際にやってみよう。「そう!」

左手の離し方が難しい。

子どもたち一人一人、援助の仕方は変えています。

何よりも「自分でやりたい!」という思いを大事にしながら、

怪我のないように、見守りながら

「自分で出来た!」という実感が持てるように

ときには制しながら、

子どもさんによっては手を添えて

 

こちらではクッキングに挑戦

お水をはかってお米を炊いて

後は「ぐつぐつ煮ましょう~」

煮えるまで探検に出かけよう!

まずは地図をよく見て

ハクビシンには気をつけよう。

ステンバイミ~ ステンバイミ~ ステンバイミー

勝手に一人で行くとテングが来ちゃうんだってね。

帰ってきて読んでもらっている絵本は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これです。普通読まないね、お泊まりの日に・・

みんなハクビシンやテングの話をしてきたものだから、真剣に聞いていました。

さあ、カレーも出来たかな?

みんなで夕飯です。

メニューは、カレーと蒸したトウモロコシとかぼちゃといんげん(地物です)、ミニトマトでした。

今宵最後のプログラムはみんなお待ちかね、キャンプファイヤーです!

まずはみんな丸くなって

『キャンプだホイ』

「初めて見る山 初めて見る川」

「初めて泳ぐ海~」

「今日から友だち 明日も友だち ずっと友だち~」

「イエーイ!」

 

『チェチェコリ』

『クワガタ』

「あ、ガッシ、あ、ガッシ、あ、ガッシ、ガシガシ!」

 

「あ、のって、あ、のって、あ、のってのってのって」

「わたしもクワガタ、あなたもクワガタ」

『ザリガニ』

「子どものザリガニ、チョキチョキ、そ~れっ!」

「女の子のザリガニ、チョキチョキ、そ~れっ!」

『UFO』

「夏の夜空に、光り輝く!」

「葉巻型円盤!」

最後はしっとり、歌『大きな歌』

 

絵本の読み聞かせの後、すぐにみんな寝ちゃいました。

星空も見えたキャンプ1日目。

明日(21日)、キャンプ2日目に続く。

Pocket
LINEで送る