子どもだけの森のようちえん-滝山 森のようちえん-

5月25日(土)、子どもだけの森のようちえん-滝山 森のようちえん-を行いました。

初めてのお友だちもいましたが、お母さんと離れるときもへっちゃらでびっくりしました。

滝山 森のようちえん入園の証のオリジナルの名札をリュックに付けて元気に出発しました。

(裏にはひらがなでお子さんの名前が入ります。)

ところがその道中のなんと長いこと。たくさんの発見のおかげで至るところで立ち止まり、観察と驚きの連続でした。

山に入ってもその探求心と好奇心はとどまるところを知らず、子どもたちは元気いっぱいでした。

お弁当を食べたら、斜面を登ったり下りたり、ハンモックや虫探しをして楽しんでいました。

帰りの道中ではたくさんの恐竜の骨が落ちていたそうで、手にいっぱい拾っていました。

子どもたちはファンタジーの世界が大好き!こうした彼らだけの世界を大事にし、自然の中で気付くセンスオブワンダーの体験を大人もいっしょに楽しむ、それがとても大切なのだと改めて気付かされました。

浅川小学校に帰ってきて、お迎えのお母さんと一緒に絵本の読み聞かせ、『ねんねだよ ちびかいじゅう』を見ました。

来月からはフィールドを南浅川に移動する予定です。

参加者のみなさまには改めてお知らせします。

来月は6月15日(土)です。よろしくお願いします。

 

Pocket
LINEで送る

第1回アウトドアスクール

5月12日(日)、第1回のアウトドアスクールを行いました。全部で5人の子どもたちが参加してくれました。

今日のテーマはテント設営とアウトドアクッキング。

目玉のダッチオーブン料理は肉、肉、肉のスペアリブ。鍋の温度確認や肉の表面の焼き付けなど、体験してもらいました。

火にかけて待っている間に、テント設営の講習を受けます。

実際にテントをたてるのを見た後は、自分たちで立てます。ポールの扱いなどみんなで協力しないとうまくいかないので、最初は苦労していましたが、なんとかみんなで立てることが出来ました。

ペグやハンマーの名称や使い方の注意点を聞いて実際に体験してみます。

振り回しちゃいけないよ。

出来上がったテントの中に入ってはしゃいでいますが、忘れていませんか。

ごはん作るの。

薪割り、火熾しチームと洗い、刻みチームに分かれて活動です。

無事焼き上がったおいしいホットドッグとスペアリブです。

お昼の後は焚き火の火の番とハンモックに分かれて遊びました。

みなさん忘れていませんか。今日のテーマはテント設営です。

立てたら片付ける。撤収までやってテント設営です。

ポールの扱いやテントのたたみ方など、注意点を聞いて実際に自分たちでやってみます。

うまくできたかな?

北浅川に探検に出かけて帰ったら焼きリンゴとマシュマロでおやつにしました。

お迎えのお父さん、お母さんも交えておやつを食べて記念撮影をしました。

アウトドアスクールでは、体験を通してキャンプ技術を学ぶことを目標にしています。

もちろん、子どもたちの年齢や発達に応じて分かりやすく伝えることを心がけ、実際の直接体験を重視しています。

それはもちろん、子どもたちの興味・関心ある遊びを通した総合的な指導でないと、つまらないものになってしまいます。

子どもたちにとって楽しく、よりより学びの機会となりますよう、我々も一生懸命伝えます。

ぜひ多くの子どもたちに体験の機会を与えてくださるようお願いします。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

Pocket
LINEで送る

第2回 滝山 森のようちえん

滝山 森のようちえん

                  申し込み受付中!!


多感な幼児期こそ、四季折々の自然に触れながら、たくさん遊びましょう。

現役保育士のスタッフが引率します。


平成25年度 第2回 滝山 森のようちえん

 

          日にち      5月25日(土曜日)      

          時 間     午前10:00~午後2:30   

          集合場所    浅川小学校           

          対 象     3歳~小学校低学年(10名程度)         

          費 用     1人3000円              

(年間登録料1000円が必要です。)

お申し込み、お問い合わせは、メールかFAXで

takiyama_nature@nifty.com

042-652-9265

Pocket
LINEで送る