概要

 

滝山ネイチャークラブが考える森のようちえんとは

単なる子どもの遊びではなく、

自然の中で行う幼児教育です。

その目的は、人格の完成と平和な社会の実現にあります。

教育は大量生産できません。

小規模で少人数の教育にこだわります。

自然の中で行う少人数の教育が広がることを期待します。

 

自然の中で遊びを通して行う

少人数の幼児教育

3つの柱

カリキュラム

教育方法

 

・子どもの遊びを保障した働きかけ

・発達に応じた個別の援助

・子どもの気持ちに寄り添い、子どもの権利を尊重した関わり

 

 

 

Pocket
LINEで送る