7月2日、森のようちえん

まずは体験の機会を

子どもたちにはまずは自然体験の機会を保証しましょう。

次に安全な体験に

安全はすべての事業の基本です。

滝山ネイチャークラブが考える安全の一つが「装備」です。ライフジャケットを着用すれば必ず安全ということにはなりませんが、日々の研修(スタッフトレーニング)で意識を高め、情報を共有し、安全を高める努力を怠りません。

その体験が楽しいものでありますように

それにはたくさんの要素が必要です。

子どもたち自身の「楽しむ心」や保護者の方のご理解とご協力、

そして地域の皆様の温かいお力があってのことだと感じます。

浅川市民センターをはじめ、西浅川町会の皆さま、南浅川の自然を守る地域の方々のお陰で子どもたちも安全に楽しむことが出来ます。

この大きなチームで子どもたちと活動できることに心から感謝申し上げます。

いつもありがとうございます。

これからもこの「小さな教育」を「大きなチーム」で応援していただきますよう心からお願いします。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。