5月28日、森のようちえん

保育資源という言葉があります。

教材や自然環境など子どもの教育に有用な資源のことです。

私は、スタッフ一人一人も価値のある保育資源、社会資源だと考えます。

一人ひとり、個性あるスタッフがそれぞれ自分を発揮して、

子どもと楽しむことが基本だと考えます。

一人ひとりの専門性と個性、そして人間性を存分に発揮して子どもたちへの教育効果を最大限に高めることが私の役目です。

滝山ネイチャークラブは、子どもたちと保護者の皆さま、そしてスタッフ一人ひとりの幸せと成長を願います。

応援してくださる皆様にはいつも感謝しています。

ともに幸せと成長の人生を歩み、子どもたちと自分たちの豊かで平和な社会を思い描いていきましょう。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭

 


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。