5月22日、森のようちえん

滝山ネイチャークラブはこれまで一貫して「人を育てる」ことを掲げてやってまいりました。

「人を育てる」には、その人が「育とう」「育ちたい」と思っていない限り、「育てる」ことは出来ません。

子どもたちは基本的に成長欲求があります。

「もっと大きくなりたい」と思っているのです。

だから、適切な環境を用意し、適切に働きかけていけば、子どもたちは育つのです。

子どもたちは多様な関わり、多様な環境の中で自ら働きかけ、学び、育つのです。

だから私たちは、いろいろな人と関わる体験を設定し、自然の中に誘い、遊び、学ぶ体験を大事にするのです。

20160522-022

実は、これは大人にとっても同じことで、私たちも体験の中からしか身に付けることが出来ないのです。

みんな頭では分かっていても、出来るかどうか、身に付いているかどうかは別。

子どもと正しく関わるということも体験が必要なのです。

私は、日本中の保育者がやりがいを持って、正しく子どもと関わることが出来れば、子どもを取り巻く環境は大きく変わるものだと信じています。

20160522-063

それには「勇気」が必要です。困難にあえて挑戦する勇気、一歩踏み出す勇気、弱い自分に打ち勝つ勇気が必要です。

20160522-076

科学的な理論と経験が必要です。

私たちも「大きくなりたい」と願っています。

子どもと関わる大人自身が笑顔で、幸せの人生であり、子どもの成長をよりよくサポートしていける存在でありたいと願っています。

安全でより良い環境、そして対象に応じた丁寧な働きかけを目指し、いつまでも「学び」と「成長」の滝山ネイチャークラブでありたいと思います。

保護者のみなさまの深いご理解にいつも感謝しています。

本当にありがとうございます。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


5月8日、森のようちえん

人と関わる練習をさせましょう。

恋愛も仕事も対人関係は練習しないと上達しません。

いろいろな人と関わるのです。

対人関係はトライアンドエラーです。

失敗を繰り返し、上手になっていきます。

「もうだめだ」という経験ではなく、

「失敗しても取り返せる」

「もう一回やってみよう」

そんな体験につなげたいと思います。

20160508-056

「人は信頼できる」

そんな人への絶対的な信頼感を育てるためには、無条件の愛が必要だと信じます。

20160508-063

「先生の指示に従うなら話を聞いてあげる」そんな愛があるでしょうか。

もちろん危険なこともあるので、安全のためにはこちらの指示に従ってもらわないといけないこともあるのですが(子ども本人の危険回避のために)、私たちは、大人の指示に従うだけの子どもを育てようとは思いません。

20160508-072

人への信頼感を基に、自由に世界に羽ばたいていって欲しいと強く願っています。

20160508-252

そのためにはたっぷりの愛情を注ぎ、しっかりと見守り、きちんと働きかけ、子どもたちがより良く育つよう努力しなければ、と思います。

20160508-167

大丈夫。子どもは私たちが思っているよりもうんと丈夫でたくましい。

自ら育つ力を持っている。

そんな彼ら彼女らの関わる力を伸ばし、体験の機会を大事にしていきたいと思います。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭


親子遠足(5月15日)in 日影沢キャンプ場

森のようちえんの親子遠足は親子の体験だけではありません。

20160515-057

日頃の悩みや相談を聞いたり、滝山ネイチャークラブの子ども観をお伝えする機会でもあります。

子どもの行動や大人の対応など困っていることはありませんか。

20160515-051
子どもの発達特性と遊びを知り尽くした堀岡が空の飛び方もお伝えします。(笑)

20160515-063

すべては未来のため。

親子が笑顔で未来に向かうため。

20160515-023

滝山ネイチャークラブの森のようちえんに通う親子だけの特別な親子遠足

「週末、親子でソトアソビ」

安全と体験の質を落とさないため少人数制で行っております。

来月もお待ちしています。

滝山ネイチャークラブ

代表 堀岡正昭